これだけでOK。飛行機内での服装と持ち込み荷物のすべて

海外旅行に行くときに、ほぼ必ず乗る飛行機。

アジアならまだしも、ヨーロッパへ行くとなると12時間くらいはかかります。
飛行機を乗り継いで行くばあい、空港での待ち時間を考えたら20時間くらいかかってしまってもおかしくありません。

はじめて飛行機に乗る人や、海外旅行に慣れていないという人は、すこし不安になってしまうかもしれませんね。

この記事では、飛行機内での服装や持ち込み荷物、注意すべき点などをまとめたので、安心して海外旅行に行けるようになってもらえればと思います。

長時間のフライトに慣れていない方、初めての方へ。飛行機に搭乗する前・搭乗中・現地到着後にわたしがいつもやっておくことをご紹介します。
海外旅行にクレジットカードを持っていく理由と、海外旅行保険についてまとめました。そして、世界一周(長期旅行)に持っていくことにしたクレジットカードを紹介します。

飛行機内でのおすすめの服装

1.スウェットや締め付けのないズボン

pants

長時間同じ体勢でとどまっているので、おなかの締め付けがある服装だと、乗っているうちに苦しくなってしまいます。

なので、ジーパンやスキニーは、長時間のフライトには適さないでしょう。
特にエコノミークラスの座席は狭くて動きずらいので、締め付けがなく動きやすいスウェットゆるめのズボンがおすすめです。

わたしは、普段着兼パジャマのうすいスウェットで飛行機に乗ることが多いです。

学生のときに一度本気のパジャマみたいな服装で搭乗したことがありますが、やっぱり空港内で悪目立ちしますので、ファッションを気にする人にはおすすめしません。

女性だと、マキシ丈のワンピースを着る方をよく見る気がします。
楽だし、ファッション的にもおしゃれに見えるのでいいですよね。

スカートなので動きに多少制限があることと、飛行機内の肌寒さに耐えられるか、という部分が大丈夫そうであれば、ワンピース等も問題なく着ていけると思います。

2.防寒着で寒さ対策

夏も冬も関係なく、機内は意外に寒いです。寝起きだともっと寒く感じます。
夏でも肌を露出した服装は避け、防寒着を忘れずに持っていってください。

防寒着は重ね着する以外にも、ひざにかけたり、枕がわりにして利用することもできます。
大判ストールを持っていく方は、それを機内に持ち込んでもいいですね。

3.サンダルに履きかえる

長時間のフライトとなると、多少なりとも寝ることになると思いますので、できるだけリラックスできる服装がいいです。
靴を脱いで、座席スペースの中で開放感を味わいましょう。

海外旅行にもっていく基本の服6つ(女性編)でも記事にしましたが、ビーチサンダルは海外旅行に行くときは必ず持っていくアイテムの一つです。
わざわざ飛行機に乗るときのためにもっていくわけではないので、荷物が増える心配もありません。

また、飛行機に乗ると、気圧の低下により足がむくんでしまい、到着しても靴がきつくて履けない、なんてこともよくあります(特に女性)。

むくみを予防するため、足の指を動かして血流を促したり、マッサージをしながら、機内での時間を過ごすと良いでしょう。

手荷物として飛行機内に持ち込むもの11個

飛行機内には、スーツケースやバックパック以外に手荷物を持ち込むことができます。

わたしは海外旅行に持っていくバッグという記事でもご紹介した、マンハッタンのバッグを持ち込んでいます。
その中に入れている、機内で快適に過ごすためのグッズをご紹介します。

ちなみにですが、手荷物は頭上の収納ラックか足元に置いてください。
膝の上に置いていると注意されてしまいます。

1.ビーチサンダル

機内でリラックスして過ごすことができます。
また、靴から履きかえることでむくみ対策にもなります。

2.くつした

裸足になって、足元が寒いなと思ったときに履きます。
体温調節が大切です。

3.歯ブラシ

機内食が何回も出るような長時間フライトのときは、歯を磨かずに寝るのは口の中が気になりますよね。

機内で磨かない人も、搭乗前や後に歯を磨くときにすぐにバッグから出せると、そのあとの行動がスムーズに進みます。

4.マスク

機内は非常に乾燥しているので、長時間のフライトはけっこう喉がやられます。
喉が弱い人は気を付けてください。
ここで喉を痛めて、到着してから風邪をひいた、なんてことがないようにしたいですね。

また、女性の中には、すっぴんを隠すためにマスクをしている人もいると思います。
余談ですが、化粧については、①飛行機に乗る日は化粧をしない②化粧は落としてから席に着く②席についてから化粧を落とす③化粧を落とさない、など人それぞれですが、自分がいいと思ったものを選べばいいと思います。
わたしは①です。

5.防寒着

機内は意外に寒いですので、防寒着は忘れずに。
寒くなくても、丸めて枕としても使えます。

コンパクトに畳んで、袋に収納できるものがおすすめです。

6.本、ガイドブック

時間はたっぷりありますので、本でも読みましょう。
ガイドブックを読んで現地の簡単な言葉を覚えたり、歴史について知っておくのも、時間の有効活用だと思います。

7.音楽プレイヤー

映画や本に飽きたら、音楽を聴くのはどうでしょう。
いつの間にか気持ちよく眠りにつけます。

ただ、機内食を逃さないように気を付けて……(経験あり)

8.ボールペン

関税申告書や入国カードを記入するのに必要です。
ボールペン1本をバッグのポケットなどに入れておくと、ガサゴソしないで済みます。
バッグに入れ忘れるとけっこう面倒なのでお忘れなく。

以前、「海外旅行で使える便利な100均グッズ13選」としていう記事を書きましたが、今回の長期旅行(世界一周)のために100均で買い足したものがあるのでシェアします。

9.めがね・コンタクト

これはコンタクトをしている人限定ですが。

わたしは機内では寝るので、搭乗前に空港のトイレでコンタクトをはずします。
飛行機に乗ってからはずす場合は、コンタクトケースに液体を入れておくのを忘れずに。

到着したら空港でまたコンタクトをつけますが、
そろそろ着くかな、というタイミングで機内でコンタクトをつけてしまうこともあります。

目の悪い旅人がぶちあたる、海外旅行中のコンタクト問題。コンタクトレンズや洗浄液の持って行き方について、私たちの場合を書きました。

10.薬やティッシュ、リップクリームなど

頭が痛くなってしまったり、寒さや機内食でおなかが痛くなってしまったり、さっと薬を飲めたら安心です。

乾燥するので、リップクリームも持っておくといいでしょう。

11.貴重品・カメラ

預け荷物には入れられないので、貴重品は手荷物に入れます。
カメラで、窓からの景色や機内食を撮るのもいいですよね。

PC、カメラ、スマホなど、旅に持っていく電子機器は色々あります。今回は、僕が旅(世界一周)に持ってきている電子機器類を紹介します。

さいごに

これらと、パスポート+搭乗券だけあれば、飛行機ではなんの問題もないと思います。

他にもアイマスクや耳栓、首枕や着圧タイツなどを持っていったことはあるのですが、逆に気になって邪魔になるので使いませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Comments

  1. はじめまして。
    最近は数時間のフライトばかり、こどもも大きくなってきたので、あまり気にしていませんが、長時間のフライトのときは、機内に何を持ち込むかは重要ですね。
    まず機内持ち込みから荷物をつくっていました。
    私は、ビーチサンダルでなくビジネスホテルに置いてあるようなスリッパがお勧めです。これだったら、ふつうの靴下を履いていても大丈夫です。私は帰りの飛行機では置いてきちゃいます(なぜか姉がいっぱいくれたので)。
    飴やちょっとしたお菓子もあるといいと思います。飴はのどを痛めないためだけでなく揺れたり機内食があわなくて食べられなくても糖分の補給だけはできます。どちらも機内にご自由にどうぞ。とおいてある場合もありますね。ご参考までに。

    • unusual より:

      ちゅんしーままさんへ
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      ビジネスホテルにおいてあるような薄いサンダル、あれはいいですよね。飛行機に置いて帰れちゃうのもポイント高いです。
      飴はちゅんしーままさんに言われて、なるほど!と思いました。乾燥対策と糖分対策。機内食が合わないっていうのはわたし自身あまりないのですが、そういう方も結構たくさんいらっしゃいますよね。ぜひ参考にさせていただきます。ありがとうございました。

  2. ジェフ より:

    13歳が生意気言ってるようだったらすいません
    僕の家庭は旅行が多く色々と使ってるものがあり、あっこれ使ってる!と思いました。
    追加で僕は割と長時間フライト派なのであれですが、ブランケットをオススメします^^
    時々配ってくれるところもありますがチャイナ航空や乗り継ぎで朝まで空港にいることになった時のために持ってったほうがいいと思います!一回オーストラリアの時に仕方なく乗り継ぎで一回上海空港に行ったのですが空港の休憩室しか空いてなくクーラーガンガン
    設定が変えられないのが残念でしたが約10度ぐらいでした

  3. メイ より:

    ジェフさん、お返事遅れてすいません。
    コメントありがとうございます。

    ブランケット、いいですね!
    機内は寒いことが多いし、乗り継ぎの時間によっては掛け布団になったり枕になったり、色々使えて便利かもしれません!
    安心感もあって寝付きも良くなる気がします。

    それにしても、旅行が多い家庭っていいですね~
    わたしの家族は旅行があまり好きじゃなく(猫飼ってるっていうのもありますが)、わたしの初海外が大学生でした。
    これからも、ご旅行楽しんでくださいね^^