海外旅行で冬や寒い国に行くときの持ち物・服装とそのポイント

安価で海外旅行に行く方法のひとつとして、オフシーズンに行くという方法があります。
しかも、オフシーズンの観光地はどこも比較的空いています。
でもその代わり、寒い。だからオフシーズンなんですよね。

今回は寒い国や季節に行くときの持ち物や服装と、そのポイントについて、寒がりなわたしが経験したことを踏まえて書いていきます。

スポンサーリンク

寒い国に行くときの持ち物・服装とそのポイント

1.ヒートテック・貼るカイロには注意が必要

寒い日には手放せないヒートテックとカイロ。
海外に行くときも持っていきます。
でも寒い国では室内に入ると暖房が暑いくらいのときがあるので、汗っかきの方は注意が必要です。
汗をかいたまま寒いところに行くと、簡単に風邪をひいてしまいます。

ヒートテックだと暑すぎるという方は、代わりにTシャツやロンTにかえるなどして体温調節することをおすすめします。

2.コートで完全装備

コートさえしっかりしていたら、中が多少薄着でも大丈夫。
しっかりしたコートを用意しましょう。
以前北京に行きましたが、とても寒いと聞いていたので行く前にわざわざモッズコートを買いました。
買ってよかったです。これがなかったらどうなっていたことか・・・。

11DSC02155

それとやはり、雨や風に強い素材がいいですね。
最近はCANADA GOOSEなど、かわいいダウンが流行っていますので(恐ろしく高いですが)、あのくらいガッツリしたものを1枚持っていると、どこへ行くにも安心です。

ちなみに私はロングコートが好きなので勝手におすすめします。
普通丈のコートよりも、腰や脚の付け根まで防寒できるので暖かいですし、ポケットが大きい場合が多く、位置的にも手を突っ込みやすいです。

女性だと、寒いところでもおしゃれのためにスカートにタイツを履く方もいますよね。
そんな方にも、少しでもあったかいロングコートはおすすめです。
ロングコートは動きにくいとの意見もあるので人それぞれですが、わたしは断然ロングコート派です!

3.靴下は重ね履き

寒いときは、靴下を重ね履きに!
足元が冷えると、体全体が冷えてしまいますからね。

きつめの靴下を重ねてしまうとギブスみたいになって窮屈なので、ゆるめの靴下を多めに持っていくといいと思います。
もちろん手袋も忘れず。


4.とにかく耳を隠せ!

11IMGP4059

寒いときはとにかく耳を隠せ
これは自分が実際に寒いところに行ってみて、気づいたことです。
寒くて寒くてもうだめ、と思ったときにフードで耳を隠すと俄然平気になったのです。
これは自分の中では新たな発見でした。
耳あて、ニット帽、マフラー、フードなどなんでもいいので耳を隠しちゃってください。

5.靴はスニーカーよりも革靴ブーツ

11DSC00531
▲土砂降りに完敗のプライマークのスニーカー

寒い地域では、ちゃっちいスニーカーなんぞ裸足も同然ということをわたしは失敗から学びました。
冬のニューヨークを、PRIMARK (プライマーク)で5ユーロくらいのぺらぺらスニーカーで行ってしまったのです。

一緒に行った友人らは革靴(Dr.Martens)を履いており、雨も風もへっちゃら。
一方わたしは、足先まで完全に冷え切って凍えていました。
ニューヨークの寒さをなめちゃだめですね。
わたしと同じ過ちを犯さぬよう、みなさんは寒さに強い靴を履いていってください。

6.マスクは寒さと乾燥対策

IMGP4075

全身をどんなに完全防備しても、顔がノーマーク!
そんなときはマスクが防寒になります。(滞在中ずっとマスクをして外出するのは旅の風情がないので、ほんとに寒い時だけ!)
マスクは夜寝るときや、飛行機の中など乾燥するときに使えますので、多めに持って行ってもいいかもしれませんね。

さいごに

とにかく旅中は風邪をひかないように、服だけではなく薬なども忘れず持って行ってくださいね!

空港機内での服装や持ち込み荷物、注意すべき点などをまとめました。これを読んで、安心して旅ができるようになっていただければと思います。

旅の洋服については、以下の記事もどうぞ。
海外旅行で使える便利な100均グッズ13選
荷物は少なく服はおしゃれに!海外旅行の着まわしのコツ4つ
どこの国へも持っていったほうがいい海外旅行の基本の服6つ(女性編)
旅行中の洗濯どうしてる?手洗いの方法や便利グッズ紹介!
海外旅行の持ち物リスト(女性バックパッカー編)
飛行機の搭乗前・搭乗中・到着後にやっておくこと
何着必要?海外旅行に持っていく服の参考例(女性編)
何着必要?海外旅行に持っていく服の参考例(男性編)