旅行中の洗濯どうしてる?手洗いの方法や便利グッズ紹介!

スポンサーリンク

海外旅行にいくときは、3日間でも2週間でも、持っていく衣類の数は変わりません。
洗濯をするので、だいたい3パターンくらいあれば大丈夫。

旅行先での洗濯は、ランドリーサービスを利用するという手もありますが、わたしはバックパッカーなので、なるべくお金(や物)を浪費せずに旅をしたく、手間はかかりますが基本的に手洗いをします。

今回は、海外旅行中の服の洗濯(手洗い)について、必要なグッズややり方など基本的なことをご紹介します。

荷物は少なく服はおしゃれに!海外旅行の着まわしのコツ4つ
荷物はできるだけ少なく、それでいてオシャレな服を着たい!旅の着まわしについて、いままでわたしが旅行にいく中で見つけた、4つのコツをご紹介します。
スポンサーリンク

洗濯(手洗い)に必要なもの

  • 洗剤(部屋干し用ならなおよし)
  • セームタオル
  • ハンガー
  • 洗濯バサミ
  • 洗濯ひも
  • バケツ

以下でひとつずつ説明していきます。

1.洗剤

以前行った旅行でのできごと。
ゲストハウスでもらった石鹸でTシャツをゴシゴシ手洗いしていたのですが、次の日乾いたのを着てみると、臭い。
もう一度洗ってみても臭い。

わたしの汗はこんなにも臭いのか、と落ち込みつつ、持ってきていた洗濯用洗剤で洗い直してみると、軽く洗っただけで匂いは無に
洗濯用洗剤の偉大さを思い知りました。

液体だと空港で持ち込みなどが面倒なので、わたしは粉洗剤をペットボトルに入れて持ち歩いています。

外に干せないこともあるので、部屋干し用がおすすめ。

2.セームタオル(もしくは普通のタオル)

洗濯したものを早く乾かしたいとき、脱水するのに使います。
手洗いをして、ある程度手で絞ったものを、このタオルに挟んでさらにキューっと絞ります。

普通のタオルでもいいのですが、セームタオルのほうがすぐ乾くし、軽いし、かさばらないので、トラベル用には超おすすめです。

セームタオルを使うときの注意は、乾かすとカチコチになって折りたたみにくくなるので、乾かす段階である程度収納するときの形に小さくしておくことです。

わたしはバスタオルと兼用していますが、気になる人は2枚持って行ってもいいと思います。

ちなみにわたしが使っていたのは、100均で「自動車拭き上げクロス」として売られているものです。(→海外旅行で使える便利な100均グッズ13選

▼最近はこういった大きな速乾タオルを持っている人を見ることが多いです。

3.ハンガー

ハンガーは、針金ハンガーがコンパクトでおすすめしたいのですが、以前海外の空港の荷物検査で取られてしまったことがあるので、プラスチック製のものを持っていったほうが無難だと思います。
2、3本あると便利ですね。

4.洗濯バサミ

ハンガーや洗濯ひもに、靴下などを吊るすときに使います。
最低6つくらいあれば大丈夫じゃないでしょうか。

余ったらお菓子などの袋を留めておくのに使えます。

5.洗濯ひも

泊まる宿に洗濯物干し場がないときに、洗濯ひもを部屋に張って干します。

泊まる部屋によってはひもを張りにくいところがあるのですが、上で紹介しているような横ズレ防止式の洗濯ひもなら比較的ひっかけやすし、斜めに張っても洗濯物がズレないのでおすすめです。

6.洗濯ネット

下着を隠しながら洗ったり、隠しながら干すときにも使います。

洗濯機が無料または安く使わせてくれるところでは、下着類や大事な服はネットに入れてまわします。

7.小物用ミニハンガー(ピンチハンガー)

持っていくか悩んだこれが、必需品レベルで使えました。

泊まる宿に洗濯物干し場がないときに、部屋で小物を干すときに使います。
服だけでなく、濡れて乾かしたいビニール袋などを干しておくこともよくあります。

下着を洗濯ネットに入れたまま干したいときも、これがあるとうまく干せるので乾きが早いです。

8.ウタマロ

私たちは、旅にはお気に入りの白いTシャツを持っていくので、汚れ落ち抜群で有名なウタマロ石鹸を持っていっています。

汚したくない服を旅行に持っていく人は、安いので1つ持っていくといいと思います。

1番シンプルで1番おしゃれ。旅に使えるおすすめ白Tシャツ
私たちが旅中によく着ている、ユナイテッドアスレの白Tシャツを紹介します。

9.折りたたみバケツ

色んなバックパッカーから、バケツがあると便利だと聞いたので購入しました。
たしかに宿の水回りがどんな状況でも、つけ置き&押し洗いができるのでとても便利です。

ただ、私たちは16cmのバケツを購入してしまったのですが、それでは小さすぎました。
Tシャツ2枚を洗うのでもいっぱいになってしまうサイズです。

洗濯のためにバケツを購入の際は、もう少し大きめのバケツを選ぶことをおすすめします。

折りたたみバケツの代わりに、レスキューランドリーという商品を使うのもいいと思います。

この簡易洗濯バッグは、震災など非常時の備えのために作られた洗濯用バッグで、避難所で女性が下着を他の人に見られることなく、洗って干すことができる商品です。(男性用もあります)

防災兼トラベル用として、1つ持っていてもいいかもしれません。

レスキューランジェリーの使い方については、こちらのサイトに動画で説明されています。

海外旅行中の洗濯(手洗い)の方法

旅行中に手洗いをしたことがない、という方向けに、簡単に流れを書いておきます。

手洗いはいつもするけれど、他の人はどうしてるのかなと疑問に思っていた方も、わたしの場合を参考までにどうぞ。

ちなみに言うと、冬服はほとんど洗いません。
バックパッカーってそうですよね?笑

洗う前に

次の日に移動があるときには生乾きのまま移動はしたくないので、その日は洗濯せずに、次の宿泊先で洗います。
でも、下着くらいならすぐに乾くので、軽く洗ってしまいます。

2日間くらい干しておけそうな場合は、少し分厚めなものも洗います。

洗い方

わたしはだいたい、持参のバケツを使って洗います。

バケツに水を溜め、洗剤を入れて軽く泡立てたら、服を入れて押し洗いやもみ洗いをします。(たまにつけ置きも。)
濁りがなくなるくらいまで何度かすすいだら、絞って終了。

お風呂にバケツを持ち込んで、同じようにして洗うことが多いです。

バケツを持っていなかったときは、洗面所に栓をして洗ったり、お風呂場で自分が体を洗うのと同時に、洗剤をかけて踏み洗いをしていました。

乾かし方

早く乾かしたいときは、タオルに挟んでから絞って脱水をします。(この工程は省略することが多い)

その後、ハンガーや洗濯ひもに引っ掛けたり、ピンチに挟んで干します。
換気扇や扇風機、エアコンがついている場合は、当たりやすいところに置いておくとあっというまに乾きます。

連泊のときは、そのまま連日干したままにすることが多いです。
チェックアウト時間までに乾かなそうだったらドライヤーで乾かしますが、ドライヤーで完全に乾かすのはけっこう時間がかかるので、最終手段をお教えします。

1.着て乾かす

洋服なら、多少濡れていても着てしまいます。
着て外に出てしまえば、外に干しているのと同じことですからね。
人間の体温もあってか、驚くほどあっという間に乾きます。

2.バックパックにつけて乾かす

乾かなかった洗濯物はバックパックに付けて乾かす

乾かなかった洗濯物はバックパックに付けて乾かす

バックパックに、洗濯ばさみなどで濡れた洗濯物をぶら下げて背負います。
バックパッカーだからできることですが。笑

すれ違いざまにクスッと笑われることもありますが仕方ない、ご愛嬌。

さいごに

わたしはバックパッカー旅行だけではなく、普通の海外旅行でヨーロッパに行ったときも手洗いをしていました。

手洗いは面倒なようですが、自分の分だけなら人に頼むより楽なんですよね。

▼最近はこんなものも出ているようです。

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました