世界一周/海外旅行中によく使っているアプリ6

スポンサーリンク

私たちが世界一周(長期旅行)中によく使っているアプリを5つ紹介します。
世界一周だけでなく普通の海外旅行にも便利なアプリだと思います。

海外旅行/世界一周にSIMフリースマホをおすすめする理由と、海外でSIMカードを買う方法、注意点
海外旅行/世界一周にSIMフリーのスマホをおすすめする理由と、海外旅行中に現地のSIMカードを買って電話やインターネットを利用する方法、注意点などを説明します。
スポンサーリンク

1.Currency

Currency

Currency

posted withアプリーチ

Currencyはシンプルな通貨コンバーターです。

食堂や屋台、市場、スーパーなどで「これって日本円でいくらだっけ」と思ったときにささっと確認することができます。

必要な通貨だけ表示しておくこともできるので見やすく、いちいち目的の通貨を探す手間もありません。
オフライン時でも前回更新時のレートが表示されるため使用可能です。

私は日本円、USドル、ユーロと現在滞在している国の通貨、一つ前に滞在していた国の通貨を表示して使っています。

2.MAPS.ME

MAPS.ME -オフラインのマップ、ナビゲーション、そしてガイド

MAPS.ME -オフラインのマップ、ナビゲーション、そしてガイド

posted withアプリーチ

MAPS.MEはオフラインで使えるマップアプリです。
GoogleMapにもオフライン機能がありますが、中国など利用できない国や地域があります。

MAPS.MEはあらかじめ使う地域の地図データをダウンロードして使うので、スマホのストレージ容量をすこし多く使ってしまいますが、動作は軽く使いやすいです。

オフラインで地図の閲覧の他、車、徒歩、公共交通機関のナビ機能を使うことができたり、GoogleMapと同じように地図上にピンをつけることもできます。

また、booking.comに掲載されている宿が地図上に表示されているので、初めての場所で歩いて宿を探すときにも便利です。

アカウントを作成すれば、スマホを替えてもピンのデータを引き継ぐことができます。

3.Zaim

家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ

家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ

posted withアプリーチ

Zaimはクラウド家計簿アプリです。

最初にアカウントを作成する必要がありますが、android、iPhone、PCのどこからでも使うことができます。

Zaimのすごいところは、世界154か国の通貨に対応しているということです。
中国にいるときは元で、タイにいるときはバーツで入力すれば、データ同期時に日本円に換算して記録してくれます(通貨変換はモバイルアプリ版のみ可能)。

また、カテゴリ、サブカテゴリごとに月、週にどれだけ支出があったかなども確認できます。
あらかじめ予算を設定しておけば、「今月は毎日あと○○円使える」という表示が出てくるので目安になります。

私たちは夫婦で旅をしているので、2人とも一つのアカウントでログインして、どちらからでも入力・確認ができるようにしています。

4.Google翻訳

Google 翻訳

Google 翻訳

posted withアプリーチ

Google翻訳はGoogleが提供している翻訳アプリです。
辞書アプリを使うより動作が早く、長文や音声入力にも対応しています。

オフライン用の言語パックをダウンロードすればWifi(インターネット環境)がなくても使えるので、博物館の英語のパネルで知らない単語が出てきたときや、現地の人と現地語の単語でやり取りする場面などで使っています。

5.WriteNote

WriteNote Pro - 日記やメモを書く

WriteNote Pro – 日記やメモを書く

posted withアプリーチ

WriteNoteはEvernote(エバーノート)にノートを作成するアプリです。

Evernote純正のアプリでももちろんノートの作成はできますが、WriteNoteを使うと1日分の入力を一つのノートにまとめることができます(要設定)。

WriteNoteで文字を入力して送信ボタンを押すと、その日の日付がタイトルとなったノートが作成され、そのノートの中に、入力内容が記録されます。
同日中にWriteNoteから送信した内容は、すべて同じノートの中にタイムスタンプ付きで記録されます。

なので、一日に何回入力しても作られるノートは一つで、その中にすべて記録されているということです。
これを応用して簡易日記的にも使えるし、移動記録にも使えます。

私は街歩きや博物館、美術館で気になったこと、後で調べたいこと、忘れたくないことなどをその都度入力・送信しておいて、パソコンのEvernoteから、まとめてチェックしています。

ただ、オフラインだと送信失敗になり、オンライン時に再送信しなければいけないので注意が必要です。
オフライン時に送信失敗しても、タイムスタンプは入力した時間になります。

このアプリは使ってみないとイマイチ便利さが伝わらないと思います…

6.Pocket

Pocket

Pocket

posted withアプリーチ

Pocket(ポケット)はウェブページをあとで読むために保存することができるアプリです。

複数のデバイス(スマホ・パソコン)で利用でき、またPocketに保存した記事はオフラインでも読むことができます。

旅では、Wifi(インターネット)があるときに次に行く国や都市のことを調べて複数のウェブページをPocketに保存しておき、夜行バスで寝る前に読む、などの使い方が便利です。

さいごに

定番のGoogleMapやLINEももちろん使っていますが、既に使っている人が多いと思うので今回は外しました。

Comments

タイトルとURLをコピーしました