中国旅行1か月の費用【世界一周 予算】

スポンサーリンク

長期旅行(世界一周)中に、中国(深セン、広州、南寧、建水、元陽、綠春、景洪)に約1か月(27泊28日)滞在したときにかかった費用をまとめました。

やっぱり中国は交通費、移動費が高い。その代わり、食費はかなり安い。

2016/17 世界一周 中国&ウイグル自治区
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
スポンサーリンク

中国旅行について

  • バックパッカースタイル
  • 長期旅行(世界一周)中
  • 夫婦2人旅
  • 宿は安宿のダブルまたはツインルーム(ドミトリーは少ないorダブルのほうがお得)
  • 食事は屋台、夜市、安食堂などで地元の人が食べているもの中心。和食、洋食、高級レストランにはほとんど行かない
  • 移動は鉄道、長距離バス、市バス、徒歩など。飛行機、タクシーは使っていない
  • お酒、コーヒー、お茶はよく飲む
  • タバコは吸わない
・滞在期間:約1か月(2016/10/4~2016/10/17,10/30~11/12)

中国には約1か月(27泊28)滞在しました。
行ったのは、深セン、広州、南寧、建水、元陽、綠春、景洪です。

中国旅行のルート
東京(日本)→香港→深セン→広州→南寧→(ベトナム)→建水→元陽→綠春→景洪→ルアンナムター(ラオス)

中国のビザなし滞在期間が15日以内なので、一度ベトナムに行ってから戻ってきました。

前半は10/4の朝に羽田から香港に着いて(この記事では香港も中国に含む)、10/17の朝に南寧からハノイに出発するまで。
後半は10/30の昼にベトナムのサパから河口に入って、11/12の昼過ぎに磨憨からラオスのボーテンに出るところまで。

おおまかに、27日間としておきます。

中国旅行1か月の支出

食費25782円
宿泊費38221円
観光・娯楽費4083円
交通費26843円
日用雑貨費995円
その他319円
通信費1845円
合計98088円
・1日平均/2人:3632円
・1日平均/1人:1816円

長期旅行(世界一周)中の中国27日間でかかった費用の合計は98088円です。

以下、項目別の詳細です。かかった費用はすべて2人分です。
(注意:全て日本円、レートは当時のもので計算しています)

食費

・1か月合計25782円
・1日平均/2人:955円
・1日平均/1人:477円

主に朝食、昼食、夕食です。
それ以外にはおやつ、コーヒー、お茶、お酒なども含めています。

食は僕たちの旅の中でとても重要なので、基本的には食べたいものを食べています。
安い店を選ぶようにはしていますが、節約のために食事を抜くことはありません。
中国の食は、「安い、うまい、デカい」なので本当に助かりました。

毎日しっかり食べたし、ビスケット、パン、ピーナッツなどのお菓子や毎食のビールを含めてこの額なので、コスパはかなり高いと思います。

6,7元(約100円)出せば美味しい麺料理が食べられたので、満足度もすごく高かったです。
店で飲むビールは4~7元程度だったと思います。

もちろん中国には高級料理店もたくさんあります。
でもそれ以上に安食堂が多くあるので、満腹と食費節約が両立できると思います。

【中国 広西チワン族自治区】酸味や辛味が決め手。南寧の料理
中国広西チワン族自治区にある南寧。あまり知られていないであろう、南寧の料理について紹介する。

宿泊費

・1か月合計:38221円
1日平均/2人:1415円
1日平均/1人:707円

宿代(ホテル・ユースホステル)です。

27日で割りましたが、26泊とバス1泊です。

宿泊費はもう少し安くしたかったです。
最高は、最初に泊まった深センの2800円、最安は元陽の613円でした。
他は平均1300円~1500円くらいです。

中国は広いので、地域によっても宿泊費にばらつきがあるかもしれません。
そして、広州→南寧が夜行バスだったので、宿泊費にはいれていません。

宿はエクスペディアかagodaで予約することが多かったです。

中国 南寧の広い共有スペースと親切なスタッフがいる居心地抜群の安宿
中国 南寧で私たちが泊まった安宿、「南宁瓦舍国际青年旅舍(Nanning Travelling With Hostel)」を紹介します。

観光・娯楽費

・合計:4083円

博物館や遺跡、ツアーの参加費などです。
中国旅行中はあまりそういったところに行かなかったので、ほとんどかかっていません。

元陽の棚田ツアーで2757円かかりましたが、それ以外はこまごまとした入場料系です。
ただ、中国の場合、入場料に50元、100元するところが多かったので、行かなかったところが多いです。

中国 広州の上下九歩行街の路地裏がすばらしい
広州一の繁華街と言われる上下九路(上下九歩行街)に行ってきました。その裏路地がとても良い雰囲気だったのでご紹介したいと思います。

交通費

合計:26843円

交通費は市内バス代、長距離バス代、列車代などです。

中国では、長距離移動費がけっこうかかりました。
色々な都市に行ったというのもありますが、ひとつずつが高かったです。
感覚的には東南アジアの1.5~2倍くらいです。

【参考例】
・深センから広州:所要約2時間、1218円
・広州から南寧(夜行):所要約8時間、2767円
・南寧からハノイ(国境越え):所要約8時間、2633円

ここをどう抑えるかが、中国旅行を安くするためのポイントだと思います。
僕たちが出会ったドイツ人のマルコは、元陽から昆明までヒッチハイクで行くと言っていました。

長距離バスは高かったのですが、逆に市内バスは一律1,2元(15~30円程度)のものが多かったです。

日用雑貨

トイレットペーパー、ボディーソープ、歯磨き粉、洗濯洗剤、ボールペン、風邪薬、のど飴などです。
それ以外では、宿で頼んだ洗濯代がありました。

中国旅行の後半に出発後1か月を迎えたので、日用品の買い足しが色々ありました。

通信費

・1845円

深センの駅でSIMカードを買いました。
日本のAmazonでも売っています。

その他

・319円

バスターミナルのトイレ代など。

さいごに

薄々感じてはいたけれど、東南アジアと比べるとちょっと高いですね。
宿泊費と交通費が高いので、食費の安さだけでは挽回できませんでした。

参考 世界一周中の各国1日あたりの滞在費

Comments

タイトルとURLをコピーしました