海外旅行/世界一周におすすめの、Xiaomiの高コスパSIMフリースマートフォン5つ(2019年版)

スポンサーリンク

私たちは2年4か月の世界旅行(世界一周)でSIMフリーのスマートフォンを使っていました。

この記事では、海外旅行や世界一周に持っていくという観点で、だいたい3万円以下で買えるXiaomiのおすすめのSIMフリースマートフォンを紹介します。

SIMフリースマホについてはこちらの記事に書いてあります。
海外旅行/世界一周でのSIMフリースマホの使い方、SIMカードの購入方法と注意点

スポンサーリンク

Xiaomiとは

Xiaomi(シャオミ)は中国の北京に本社を置く総合家電メーカーです。
日本市場向けのスマホは発売していませんが、Appleのような高級感と圧倒的なコスパが魅力で、中国やヨーロッパ、インドでは人気があります。

今まで色々なスマホを使いましたが、Xiaomiの製品が、価格と使いやすさのバランスが一番良いと感じています。

Xiaomiのスマホを海外旅行/世界一周におすすめする理由

安くて性能が良い

「iPhoneやGalaxyと同等の性能で半分の価格」というのがXiaomiの特徴です。

Xiaomiのスマホは種類が多く、1万円以下~4万、5万円と価格も様々です。
カメラ、マップアプリ、ウェブ閲覧など基本的な操作のみであれば、1万円以下の機種でも十分満足できます。
私も最安の機種を使っていましたが、2年以上経ってもサクサク動いています。

4万、5万円くらいの機種は、倍の価格のiPhoneより性能が良いです。

また、安いもののほうが、海外旅行時中の盗難・破損・紛失時のダメージが少ないです(保険に入っていればあまり関係ないかもしれませんが)。

シンプルで使いやすいデザイン

デザインは好みもあるとは思いますが、Xiaomiの製品には無駄な装飾がなく、直感的でシンプルな操作感なので、誰にでも使いやすいと思います。

世界各国で販売している

Xiaomiのスマホは日本では発売されていませんが、アジア・ヨーロッパ・南米など世界各国で販売しています。
そのため、海外で現地のSIMカードを使うときに、対応している(使える)可能性が高く、またSIMカードのショップ店員がXiaomiのことを知っている(操作に慣れている)可能性も高いです。

実際、日本では同じスマホの人に会ったことがありませんが、海外ではよく会いました。

SIMフリースマホの購入はGearbestで

SIMフリースマホの購入は、Amazonでも良いのですが、Gearbestという海外通販サイトがおすすめです。
特にXiaomiのスマホはGearbestの方が安いです。

Gearbestは数ある海外ガジェット系通販サイトの中でも大手で、日本人の利用者も多く比較的安心できるサイトです。

また、Gearbestではほとんど送料がかからず(または安く)日本以外の国にも発送することができるので、海外旅行や留学中にスマホを買いたいときにも使えると思います。

日本でスマホを注文したときは、香港から1週間ほどで届き(送料無料)、モロッコでスマホを注文したときには、香港から10日ほどで届きました(送料数百円)。

また、モロッコで注文したスマホは購入して数か月後にmicroSDカードを読み込めない不良に気づき、10か月後に日本に帰国してからGearbestに問い合わせをすると、「返品&全額返金」または「返品なし&半額返金」の提案を受け、「返品なし&半額返金」をしてもらいました。

サポートもしっかりしている印象です。

またGearbestでは、初回登録時に使える割引クーポンもあります。

Gearbestへ

GearbestでXiaomiのスマホを購入するときの注意点

Xiaomiのスマホには、中国版とグローバル版の2種類ある場合があります。
中国版だとGoogle Playがないなど初期設定が難しいので、グローバル版を買うほうが無難です。

また、充電器のプラグの形状も海外のものになっている場合があります。
日本の形状(Aプラグ)を選ぶか、変換プラグを買うか、別途充電器を買うなどで対応する必要があります。

だいたい3万円以下で買える、おすすめのXiaomiのSIMフリースマートフォン

2019年7月現在の、おすすめのXiaomiのスマートフォンを紹介します。

Mi 9 SE

Gearbestでの価格
Amazonでの価格64GB:44800円
画面サイズ5.97インチ
解像度2340 x 1080
メモリ(RAM)6GB
内部ストレージ(ROM)64GB/128GB
外部ストレージ対応なし
バッテリー容量3070mAh
メイン(背面)カメラ画素数48MP + 8MP + 13MP
サブ(前面)カメラ画素数20MP
その他指紋認証、顔認証、TypeCケーブル充電

Mi 9 SEはXiaomiのフラッグシップモデルであるMi 9を少し小型化した、高性能・高コスパのスマホで、Appleで言うところのiPhone XSのような位置付けです。

画面サイズは5.97インチと少し大きく感じますが、画面占有率が高いので、5.2インチのスマホとサイズはほとんど変わらず、持ちやすくてそれほど重くもありません。

メインカメラには48MPのソニーセンサーを利用しており、カメラの性能が非常に高いです。
それ以外に超広角カメラが付いていて建物などが撮りやすいのと、夜など暗いところでもきれいに写ること、イン(サブ)カメラも20MPでかなりきれいに写ることから、海外旅行時にかなり役立つと思います。

また、画面解像度が高く画面がとてもきれいなので、飛行機やバス、電車などで動画を見るのにも適しています。
充電速度が早いところも良い点です。

欠点としては、外部メモリ(microSD)を使うことができないことが挙げられます。
その点に関しては、iPhoneと同じだと思えば我慢できますが。

私は現在このスマホ(Mi 9 SE)を使っているのですが、かなり使いやすく、写真がきれいで、動作もサクサクしていて満足しています。

Gearbestへ

Xiaomi(シャオミ)のハイコスパスマホMi 9 SEのスペックとレビュー
Mi 9 SEの基本スペックと、実際に使って感じている良いところ、良くないところをまとめます。Gearbestの割引クーポン情報も。

Redmi 7A

Gearbestでの価格
Amazonでの価格なし
画面サイズ5.45インチ
解像度1440 x 720
メモリ(RAM)2GB
内部ストレージ(ROM)16GB/32GB
外部ストレージmicroSD(最大256GB)
バッテリー容量4000mAh
メインカメラ(背面)画素数13MP
サブカメラ(前面)画素数5MP
その他顔認証、防滴、microUSBケーブル充電

Redmi 7Aは、とにかく安くて良いスマホが欲しい人におすすめです。
必要最低限のスペックを抑えつつも1万円を切る衝撃的な価格が魅力の、Xiaomiの最新最安モデルです。

私たちは世界一周旅行でこのRedmi 7Aの数年前のモデルであるRedmi 4A、Redmi 5Aを使っていましたが、特に問題はなく満足していました。

海外旅行でインターネット、地図アプリ、SNS、ときどきカメラなどの基本的な操作しかしない場合は、十分なスペックだと思います。

ただ、複数の重いアプリを同時に起動していると、動作が遅くなることがあります。

また、写真をたくさん撮るとストレージ容量がすぐにいっぱいになってしまうので、microSDカードを用意したほうが良いです。

Gearbestへ

Redmi 7

Gearbestでの価格
Amazonでの価格
画面サイズ6.26インチ
解像度1520 x 720
メモリ(RAM)2GB/3GB/4GB
内部ストレージ(ROM)16GB/32GB/64GB
外部ストレージmicroSD(最大512GB)
バッテリー容量4000mAh
メイン(背面)カメラ画素数12MP + 2MP
サブ(前面)カメラ画素数8MP
その他指紋認証、顔認証、防滴、microUSBケーブル充電

Xiaomiの安いスマホのシリーズ「Redmi」のベーシックモデルです。
メモリ、ストレージの容量で好みのものを選べるのも良いと思います。

全体的にRedmi 7Aの上位版という感じなので、最安ではなくもうすこし良いものが欲しい場合におすすめです。

画面サイズが6.26インチと大きいので、大きなスマホが苦手な人には向いていないかもしれませんが、気にならない人にとっては良い選択肢になると思います。

Gearbestへ

Redmi Note 7

Gearbestでの価格
Amazonでの価格4GB/64GB:23577円
画面サイズ6.3インチ
解像度2340 x 1080
メモリ(RAM)3GB/4GB/6GB
内部ストレージ(ROM)32GB/64GB/128GB
外部ストレージmicroSD(最大256GB)
バッテリー容量4000mAh
メイン(背面)カメラ画素数48MP + 5MP
サブ(前面)カメラ画素数13MP
その他指紋認証、顔認証、TypeCケーブル充電

Redmi 7と似ていますが、こちら(Redmi Note 7)のほうが画面解像度が高く、カメラの性能も高いです。
インカメラ(サブカメラ)の画素数が13MPと高く、自撮り写真がきれいに写ると思います。

ある程度負荷のかかる作業をスマホでしたい場合で、Mi 9 SEよりは安いほうが良いという人に向いています。

この価格とは思えないほどかなりしっかりと機能が詰まっていて、異常なコスパです。
基本的には何でもできる機種だと思います。

Gearbestへ

Redmi Note 7 Pro

Gearbestでの価格29699円
Amazonでの価格49800円
画面サイズ6.3インチ
解像度2340 x 1080
メモリ(RAM)4GB/6GB
内部ストレージ(ROM)64GB/128GB
外部ストレージmicroSD(最大256GB)
バッテリー容量4000mAh
メインカメラ画素数48MP + 5MP
サブカメラ画素数13MP
その他指紋認証、顔認証、TypeCケーブル充電

Redmi Note 7の上位版です。

処理性能がRedmi Note 7よりもさらに高く、48MPのメインカメラにはソニー製のイメージセンサーが使われています。

本体の大きさが気にならなければ、かなり使いやすいと思います。

Gearbestへ

各スマホの比較

分かりやすいように、表にしておきます。

3万円弱出せて性能も求めるのならMi 9 SE、こだわりがなく安さを求めるならRedmi 7A、性能も捨てずコスパ重視ならRedmi 7 Noteがおすすめです。

機種名画面解像度メモリストレージバッテリーメイン
カメラ
サブ
カメラ
Gearbest価格
(クーポン)
特徴
Mi 9 SE5.972340×10806GB64GB/128GB3070mAh48MP+8MP
+13MP
20MP27900円
M9SE64BLACK
ハイスペック、ハイクオリティ
カメラも良い
3万円前後の機種の中では最上位
Redmi 7A5.451440×7202GB16GB/32GB4000mAh13MP5MP8689円とにかく安い
ライトな使い方なら困ることはない
重いアプリの使用には向いていない
Redmi 76.261520×7202GB/3GB
/4GB
16GB/32GB
/64GB
4000mAh12MP+2MP8MP12099円比較的安い
ベーシック
Redmi 7
Note
6.32340×10803GB/4GB
/6GB
32GB/64GB
/128GB
4000mAh48MP+5MP13MP14650円
GBN7332BLUE
コスパ最強
画面サイズが気にならなければこれ
Redmi 7
Note Pro
6.32340×10804GB/6GB64GB/128GB4000mAh48MP+5MP13MP29699円Redmi Note 7の上位版

さいごに

Xiaomiがこのクオリティを維持する限り、私たちが他社のスマホをメインで使うことはほぼないと思います。

Comments

タイトルとURLをコピーしました