海外旅行(世界一周)のお金の持っていき方(現金/プリペイドカード/キャッシング)

スポンサーリンク

長期海外旅行から帰ってきた私たちが、これから長期で海外に行く人によく聞かれるのが「現金はいくら持っていった?どうやって下ろしてた?」という質問です。

短期で海外旅行に行くときは現金とクレジットカードだけで足りることが多いですが、長期(旅行・留学・駐在など)だとそうもいかないし、世界一周となると通貨がちょこちょこ変わったり防犯にも一層気をつけたりしなければいけません。

私たちは、現金(日本円/USドル)・海外プリペイドカード・海外キャッシングという3つの方法で海外で現金を使っていました。
以下で説明します。

スポンサーリンク

現金

私たちは、日本から日本円とUSドルを持っていきました。

メリット
  • その場ですぐに使える
  • ATMを使わないで済む(ATM周りのトラブルに巻き込まれない・手数料なし・手間なし)
デメリット
  • 失くしたり盗られたりする危険性がある
  • 盗られても保険が下りない

日本円

日本円は、成田(羽田)空港までの交通費+5000円くらいです。

海外で日本円が必要になるわけではないのですが、気持ち的に日本円を1円も持たずに外出するのはなんとなく不安だったというのが理由です。
でも、例えば空港に行く途中に電車が止まって、タクシーで行くことになったときなどに使えると思います。

私たちは、どこかの国で両替して使いました。
持って行きたくない場合は、空港のATMで日本の口座に預け入れをしてしまえばいいと思います。

また、現地の人に日本円の小銭をあげると喜ばれることもあります。
5円玉や50円玉は穴が開いているため特に珍しくて喜ばれるという話を聞いたことがあるので、そういう目的でも持っていくといいかもしれません。

USドル

USドルは1000ドル分くらい持っていきました。
日本円と比べて両替できる場所が多いし、レートも良いことが多いからです。

また、いろいろな理由でATMが使えず、さらに現地通貨が足りなくなったときに、USドルで支払いをしたいと頼んだところ、受け取ってくれたこともあります。
いざとなったときに役立つし、実際に何度か助けられました。

ATMでUSドルを下ろせる国はいくつかあるので、そういった国に行くのがわかっている人はそんなに持っていかなくてもいいかもしれません。

海外旅行の防犯対策(財布/パスポート/サブバッグ/バックパックなど)
私たちが2年4ヶ月の海外旅行(世界一周)で、財布やパスポート、バッグなどの防犯をどうしていたか紹介します。一例として参考になればと思います。

海外プリペイドカード

私たちは、マネパカードという海外プリペイドカードを使っています。

日本の銀行口座からマネパカードの口座に送金すると、海外のATMでお金を引き出せます。
振込はネットバンクからやっていました。

チャージした額しか使えないので、万が一スキミングや盗難の被害にあった際に不正利用される額が比較的少なく済みます。

海外旅行/世界一周の持ち物:マネパカード(海外プリペイドカード)
わたしたちが海外旅行のときに現地のATMでお金をおろすのに使っている、マネパカードを紹介します。

また、マネパカードは今ある海外プリペイドカードの中で、おそらく最も外貨両替時の手数料が安いカードです。(ネオマネーというプリペイドカードも持っていましたが、マネパカードよりも両替手数料が高いのでほぼ使いませんでした。)
両替所で現金を両替するよりもお得になる場合が多いです。

発行手数料や年会費などは無料なので、とりあえず作ってしまってもいいカードだと思います。

▼マネパカードの海外ATMでの使い方

現地ATMのご利用方法 【Manepa Card マネパカード】
ママネパカードなら、クレジットカードと異なり、あらかじめ両替した時の為替レートで現地でのショッピングやグルメをお楽しみいただけます。
メリット
  • 不正利用されてもチャージした分しか使われない
  • 現金両替よりもお得な場合がある
デメリット
  • ATMでお金をおろす前に、事前にネットでチャージが必要
  • 盗難・紛失保険が付帯されていない(マネパの場合)

海外キャッシング

マネパカードにお金が入っていないときなどに、クレジットカードの海外キャッシングを利用していました。

キャッシングは借り入れ、つまり借金です。
ATMで気軽に利用できるとはいえ借金は借金なので、キャッシングに悪い印象を持つ人もいますが、キャッシングをしただけでは信用情報に傷がつくことはありません。

わたしも大学生のときに海外でキャッシングしたことを親に怒られた記憶がありますが、きちんと仕組みを理解して使っていれば何も問題がない便利な機能だと思います。

金利はだいたい年15~18%です。
一見高そうに思えますが、日割だと0.041~0.049%なので、キャッシングをしてから数日後に繰上返済をすれば、両替所で現金を両替したり海外プリペイドカードを利用するよりもお得になる場合が多いです。

キャッシングを利用する際に事前に確認しておくべき点
  • 自分のクレジットカードで海外キャッシングの利用ができるかどうか
  • 海外キャッシングの利用限度額
  • 繰上返済の方法
    …電話でしか繰上返済の申し込みができないカード会社が多いので、海外から(できればフリーダイヤルにも)電話をかける方法を調べておく。私たちはスマートークを使っていました。
メリット
  • 事前にチャージなどの必要がないため、すぐにATMでお金を下ろせる
  • 繰上返済をすれば現金両替やプリペイドカードよりもお得な場合がある
デメリット
  • 繰上返済の電話が面倒
  • 支払日までに返済ができないと信用情報に傷がつく
Visa 知れば安心!海外ATMの使い方 [英語対応ATM]

さいごに

私たちは、クレジットカードが使えるところではクレジットカードで払うようにしていました。

そうすることで、両替の手間や手数料を最小限にできるし、両替所でお金をごまかされたりする可能性を下げられます。

また、現金は盗まれたら戻ってきませんが、クレジットカードなら盗難保険でお金が戻ってくることが多いです。

世界一周/海外旅行にクレジットカードを持っていくべき理由と、私たちの選んだカード
海外旅行にクレジットカードを持っていくべき理由と、わたしたちが世界一周に持っていったクレジットカードを紹介します。

Comments

タイトルとURLをコピーしました