パリの高級ホテル「ル・ムーリス」でのランチと悲劇

スポンサーリンク

はじめてヨーロッパに行ったのは、2011年9月大学2年生のとき。
友人とふたり、ドキドキわくわくちょっとびくびく、いま思い出しても最高だったパリの旅

【マガジンvol.2】 フランス・パリの歴史と移民問題を学ぶABC
日本では旅行先としてポピュラーなフランス。アフリカ、ブルー、カペー朝の3つのキーワードで、アフリカ移民問題やパリの歴史について学びましょう。
スポンサーリンク

強烈に印象に残っている思い出

パリ旅行で、わたしがたぶん一生忘れない、強烈に印象に残っている食の思い出がある。

今まで食べたもので一番おいしかったものは?と聞かれたら、たぶんここで食べたものを答える。
とにかくすべての料理が想像を超えていた。

ル・ムーリスでのランチ

パリのパラスホテル「ル・ムーリス(Le Meurice)」。

パラスホテルって、5つ星よりもランクが上らしい。
3つ星ですら行ったことないのに。
パリコレのショーでも使われているらしい。

グルメ通な友人が、パリに行くならどうしてもここのランチが食べたい!とのことで、わたしはどのくらいすごいのかもよくわからず、ただおいしいご飯が食べれるぞ?と期待に胸躍らせていた。

私たちは、この日のためだけにドレスとヒールをスーツケースに詰め込んでいた。
パリに着いて数日してから、ル・ムーリスにランチの予約の電話を入れた。

そして当日。
ドレスを着たアジア人の子供ふたりがパリの街を闊歩する。

入店

パリの高級ホテル、ル・ムーリスでランチ

本当にここに入っていいのかと一瞬ひるむほどの豪華絢爛な内装。

店員に連れられ中に入ると、ポロシャツを着ている人がいてちょっと拍子抜け。
ここまでちゃんとしたドレスコードでなくてもよかったみたい。

店員がいすを引いてくれ、座る。

そわそわ待つ。

来た、料理!!!

食事

撮影許可をもらって撮影。

▼すっごく小さい、のに味が完璧。わかめが使われていた。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

▼食べても食べても来るおいしいパン。奥に映っている肉がすりこまれているバターがまた最高。食べきっていないのに新しいバターに替えられてしまう。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

▼これは詳しくは忘れてしまったけれど、間違いなくおいしかった。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

▼人生初のフォアグラ。周りはパイ生地で包まれている。右のはチェリーのバルサミコ酢漬けだったかな?ずっしり感がすごくて、お腹がいっぱいになってきたぞ……

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

▼魚(スズキ?)をゼリー状にしたものだっけ。これはなかなか魚の生臭さが強かった。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

ここでもう一品あった気がしたけれど、写真を撮り忘れた。
ロブスターの何かだったと思うけれど、これまたすごくおいしかった。

でも、もうそろそろ、本当に、本当におなかがいっぱい。
朝からヨーグルトしか食べてこなかったのに、まぁまぁ大食いのわたしにも多すぎる量。

それなのに、どんどんくる。
デザートのあとにデザートくるくる。

▼シャーベット。口さっぱり。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

▼かわいいしおいし~

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

▼もう限界!!という中で、これで最後の品と思われるケーキ。もっとおなかがすいているときに食べたかったーと思いつつ、食べる。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

え!!
なにこれ!!!

こんなにもお腹がいっぱいで死にそうなのに、こんなにもおいしく食べられるなんて、普通じゃない。
ふわふわで軽くてさくさく。 いままでに食べたことのない感じ。

これがわたしが今まで食べた物の中で1番おいしかったものになった。
死ぬまでにもう一度食べたい。

▼〆の紅茶。お茶菓子はさすがに一つも食べられず、無念。

パリの高級ホテル、ル・ムーリスのランチ

会計

最上級の幸せと、ちょっとの吐き気に包まれながら、そろそろルーブル美術館にでも行くか、とお会計。

店員を呼び、友人がクレジットカードを渡す。
(ここで暴露。わけあって、いや特にわけもなく、今回友人(の父)のおごりで、わたしは一銭も払わなくていいことになっている。)

店員がカードを機械に通す。

うまくいかない。

もう一度通す。

うまくいかない。

もう一度通す。

使えない。

違うカードを出す。

機械に通す。

うまくいかない。

もう一度通す。

うまくいかない。

もう一度通す。

使えない。

……使えない?なんで?

わたしも友人も、そんな大金、現金で持っていない。

じゃあ、払えない。

どうする。

熟考の末、友人が泊まっているホテルまで戻ってお金を取り行くことになった。
それまでわたしは人質としてここに留まる。

まるで、走れメロスのような、ドラマチックな展開。

友人は、パリの街をドレスで全力疾走。
電車に乗り、ホテルまで戻った。

わたしは周りの客が高級ランチを楽しむ中、広いテーブルでひとり、友人が無事戻ることを祈り待つ。

周りの目のプレッシャーと、不安な気持ちとで、気づいたら寝てしまっていた。
いや、普通に眠かった。ごめん。

1時間もかからず、ゼェハァ息を切らした友人が戻ってきて、無事に支払いを終えた。

そう。
ここまでがセットで、一生忘れられない思い出。

死ぬまでにもう一度、ここのランチが食べたい。

ル・ムーリスについて

電話:33-(0)1-44-58-10-10
FAX:33-(0)1-44-58-10-15
HP:ル・ムーリス公式
予約サイト:ル・ムーリス(Agoda)←1室30万円くらいするのかと思いきや、手の届く10万円ほどで泊まれるみたい。
住所:228 rue de Rivoli 75001 Paris France

Comments

タイトルとURLをコピーしました