【2014 ポルトガル③ ギマランイス】エンリケス

2014.2.6~3.6 ポルトガル、モロッコ、イスタンブールを旅行したときのギマランイスの記事です。

2014.2.6~3.6 ポルトガル、モロッコ、イスタンブール

エンリケス

2/9ギマランイス
ブラガからバスで40分かけてギマランイスという場所に来た。
ギマランイスは初代ポルトガル王エンリケスが産まれた場所で、かつて首都であった街である。

まずは貴族の邸宅を見学することにした。
ものすごい広さでびっくりした。当時の生活が分かるような分からないような・・・

pg1

装飾や家具はわりと質素で、自分の家に置きたいと思うようなものも幾つかあった。

pg5

pg2

pg3

pg4

邸宅とはいえ、家の中に礼拝堂があるのはすごかった。
広いから見ごたえがあって楽しい。

雨がひどいので早めに切り上げ、バス停の隣のスーパーで叔父が日本へのお土産を買い、バスを待つことにした。
バスでブラガに戻り、そのままブラガから列車でリスボンに帰る予定だった。
ブラガに戻ると、リスボン行きの列車まで2時間あった。

しょうがないので駅の待合室併設のスナックカフェで、ちょこっと飲みながら列車を待つことにした。
ポルトガル国産の2大ビール、スーペルボックとサグレスを飲みながらスーパーで買った生ハムをつまんでいると、金髪(僕)とロン毛(いとこ)のアジア人が駅のベンチで爆飲みしてるのが面白いのか、ポルトガル人に変な目で見られた。

今思えばそう見るのが当然のような気がする。結局電車が来るまでに5本ずつ瓶を空けてしまった。けっこう飲んだ。

リスボンに着いたのは21時頃。ホテルのバーでトスタミスタとビールを飲んで寝ることにした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ