【2017 トルコ⑧イスタンブール】ニセ札と止められるバスキング

スポンサーリンク

メイです。

世界旅行記、2017年9月のトルコ編です。
各国の旅行記、コラム、情報のもくじはこちら(世界一周)から。

[+旅のルート]↓をクリックすると、各国の旅行記ページに飛ぶことができます。

旅のルート
東京→香港中国ベトナム中国②ラオスタイラオス②タイ②ミャンマータイ③インドバングラデシュインド②ネパールインド③パキスタン中国③→東京→タイ④マレーシアイランアルメニアジョージアトルコ→チェコ→ドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル→モロッコ→ドイツ③→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ②→コスタリカ→パナマ→コロンビア→エクアドル→ペルー→ボリビア→パラグアイ→ブラジル→ドイツ④→フランス→日本
スポンサーリンク

散々な日

2017/9/23 トルコ イスタンブール

今日は遅めの起床。
昨日買ったメフメット・エフェンディのコーヒーとクッキー。

宿の屋上で、飛行機チケットの検索など、やることがたくさんであっという間に16時。

明日のプラハ行きの飛行機チケットを買ったぞ!
本当はプラハまでバスで行くつもりだったけれど、バスで行ってもそこまで安くないのと、シュンママとのドイツ集合の日にちギリギリになってしまうので、前日で急だけれど飛行機で行くプランに変えた。

ここで宿のオーナーから悲しいお知らせ。
昨日私たちが宿代として渡した50リラ札(約1600円)が、なんとニセ札だったと……。

見せてもらったら、なんだこれ!ほんとにただの紙っきれじゃん。
本物と比べると紙の大きさも違うし、反射するところが黒く潰れてるし、しかもトルコ語で「CAN NOT USE」とわかりやすく書かれているらしい。
舐められたもんだわ!

どこで掴まされたんだろう、これ。
ATMでこれが出てくることはあり得ないらしいから、この大きな額を使うとしたらスーパーくらいしかない。

そうするとたぶんサフランボルかイスタンブールのスーパーだけれど、もう何箇所も行ってるから見当もつかない。泣き寝入りだ。

50リラを払い直し。
あ~最悪~。

気を取り直して、シンさんとキエちゃんとの待ち合わせ場所へ。
今日はシンさんのバスキング(路上パフォーマンス)を一緒に見て、できれば私たちもトルコで初バスキングに挑戦したいと思っている。

2人に時間があまりないので、とりあえずブルーモスク周辺の大きな広場でシンさんがいつものように歌うことに。
シンさんはギター1本で何年も旅をしているバスカー旅人だ。

シンさんが看板を用意すると、それを読んだ日本人の奥さんとトルコ人の旦那さんの夫婦が、歌が始まる前から楽しみに待っていてくれた。

1曲目、「上を向いて歩こう」。
すごい声量だ。

2曲目、何の曲だか忘れたけれど、途中で止められてしまった。

どうやら、ここで歌うのはいいけれど、お金をもらうのはダメだという決まりがあるらしい。そしてタクシムならいいと。

まぁそうだよね、モスク前だし。
ということで中断。

でも、たったこれだけで20リラは稼いでいた。
5分足らずで1日の食費分だ。

止められてからは、タクシムのところまで行く時間がなかったので、シンさんがギターを弾いてそれに乗せてシュンが歌ったり、キエちゃんから借りたウクレレを練習したりして終わった。

2人は今日イスタンブールを出るけれど、また明後日に戻ってくるから、ウクレレは今日は借りていいといって貸してくれた。

▼かわいいかわいい子猫ちゃんとも遊んだ

▼一生懸命走りまわる!

2人と別れたあと、私たちはウクレレと習字道具を持ってタクシムに向かった。

タクシムまで歩いて行くには1時間くらいかかるのだけれど、トラムで行くと5リラかかるので、行きは歩いていくことにした。
稼げたら帰りはトラムに乗って帰ろう。

▼チキンライス6リラ

タクシムには、2人が言っていたとおりたくさんのバスカーがいた。
みんな歌を歌ったり、楽器を演奏したりしている。

中でも一番の人だかりは、おもしろい格好をして漫談をしている人だ。
見ているだけでもおもしろい。

そしてとんでもなく人通りが多い。

私たちも手頃な場所を見つけてシートを広げた。
5分くらい座っていたけれど、誰も立ち止まる様子はない。

やっぱり呼び込みとか必要かな~と思ったところで、やっと目の前で人が立ち止まった。

すると、ノートに書いた看板を取り上げ、読み出した。
わざわざ取り上げなくても……と思いつつ、お客さんだからまぁ仕方ないと我慢した。

すると、ノートを読み終わったおじさんが「さぁダメダメ、しっし、どきなさい」と言った。

いきなりなんなの!あんたたち私服だし、それにみんなもやってるじゃん!とちょっとイラッとした。
理由を聞こうとしても英語が通じない。

さらに、シートを踏まれてしっし、とされたので、さすがにカーっとなったところ、救世主登場。
日本語を話せるトルコ人男性!

その人が教えてくれたのは「歌うのはいいよ。書くのはダメだよ。(言い方がかわいかった)」ということだった。

書道がいけないのか、座り込むのがいけないのか、絵ならいいのか、わからないけどとにかく撤収。
どうやらあの人達は私服警官だったようで、私たちのバスキングは1リラも稼げずに終わった。

私たちはこれまで4回バスキングをやったけれど、そのうち3回は止められている。
勇気を絞りに絞って路上に出るとこれだから、もうそろそろ心が折れそう。

場所を変えて、シュンがウクレレでなんとかトライしようとするも、さっき教わったばかりなのでやっぱり今日の今日じゃ人前ではできない。

安いケバブを食べて、また1時間かけて歩いて帰った。

▼おしゃれな歌を2人でボソボソ歌う欧米人カップル、かっこよかった

▼チキンケバブサンド4リラ

▼夜でも釣りをしている人がたくさんいる

海沿いの広場に腰を下ろしてぼーっとする。
今日はニセ札といいバスキングといい、散々な日だったな。

明日はイスタンブールを出て、飛行機でプラハに向かう。
ついにヨーロッパ。

この旅が始まって1年。
ずっとアジアにいたんだな~と今気づいた。

Comments

タイトルとURLをコピーしました