ビヤエルモサからメキシコシティへのバスでの行き方(メキシコ旅行)

2018年6月にビヤエルモサ(Villahermosa)からメキシコシティ(Mexico City/Ciudad de México)へ移動したときの情報です。

メキシコには大きく分けて1等、2等のバスがあります。
今回は、1等のADOと同系列のバス「AU」を利用しました。

ネット上で、「AUは1等ではなく、中級(1等と2等の間)」と書いている人もいましたが、実際のところはよくわかりません。

ビヤエルモサのバスターミナルの場所

ビヤエルモサのADOバスターミナルは、セントロ(中心地)付近から15分くらいの場所にあります。

バスターミナル周辺にはいくつか屋台が出ているので、バスに乗る前に何か食べ物をつまんだりもできます。

このバスターミナルからは、メキシコシティ、ベラクルス、カンクン、サンクリストバル、オアハカなど多くの都市への長距離バスが出ています。

ADOはホームページで料金検索ができます。
予約もできるみたいなのですが、メキシコのクレジットカードでしか支払いが出来ないようです。
バスターミナルのチケットカウンターでも、早めに買えば事前割引料金になります。

ADOのホームページで行き先を指定しようとすると、メキシコシティ(「Mexico DF Y Area Metropolitana」)の降車場所は8箇所もあります。

特に指定しないで検索をすると、19時発と22時発のAUバスだけ、他のADOバスの半分くらいの値段で行けることがわかります。(2018年7月現在)
そのふたつの到着場所は「TAPO ADO and AU」。

「TAPO」とは「Terminal de Autobuses de Pasajeros de Oriente」。
つまり東バスターミナルの略です。

ビヤエルモサからメキシコシティへのバス

料金と所要時間

バスの料金:1人478ペソ

私たちは事前割引で買って、この値段でした。
2日前にチケットカウンターへ行って、直接買いました。

所要時間:約14時間
ビヤエルモサ19時発、メキシコシティ9時着でした。
ホームページには13時間15分と書かれていましたが、遅れたみたいです。

バスについて

バス内は、極寒というほどではありませんでしたが、ずっといると寒くなってくるので何か防寒着は必要だと思います。
毛布を持ってきているおばちゃんもいました。

途中の街のADOバスターミナルには何度も止まります。
車内にはトイレは付いていません。

夜中に軍服の人が入って来て、全員バスから降り、手持ちバッグの荷物チェックや車内のチェックがありました。
その後、夜中の2時くらいに再び軍服の人が入ってきて、外国人のみパスポートチェックがありました。

夜中3時に30分間ほど休憩(食堂、物販、トイレ)がありました。
ちなみに休憩中、ドアは開け放たれており、セキュリティ的には甘かったと思います。

メキシコシティの東バスターミナル(TAPO)の場所

メキシコシティにはバスターミナルが東西南北に4つありますが、今回は東バスターミナルに到着するバスでした。
東バスターミナル(TAPO)は、セントロから2.3kmほどの場所にあります。

メトロはどこまで行っても一人5ペソで、買い方も乗り方もとても簡単なので、ここから目的地までメトロで行ってもいいと思います。

ちなみに、朝9時にメキシコシティに着いたとき、外もバスターミナルもとても寒かったです。
マフラーをしたり、ダウンを着ているメキシコ人もいました。

6月はそれほど寒い時期ではないはずなので油断していたのですが、朝は冷えるようです。
体調管理に気をつけてください。

さいごに

メキシコは移動費が高いので、ADOなどの1等バスを利用する場合は事前割引を利用するといいと思います。

Sponsored Link タウンライフ旅さがしで旅行プラン一括提案依頼
タウンライフ旅探しでは、無料で複数のメキシコ専門旅行会社へ、一括で旅行プラン提案と見積りの依頼をすることができます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ