ラオス ルアンナムターの無難な安宿

メイです。

ラオス ルアンナムターで私たちが泊まった安宿をご紹介します。
ルアンナムターで泊まった宿は、Thoulasith Guesthouse(トーラシットゲストハウス)です。

2016 世界一周 ラオス
スポンサーリンク

ラオス ルアンナムター〈Thoulasith Guesthouse〉

私たちは、中国 景洪からバスでルアンナムターに向かいました。
街の中心地から離れたバスターミナルに降ろされると思いきや、バス停でもなんでもないメイン通りで降ろしてくれたので、すぐにホテルに辿り着くことができました。

私たちが泊まった部屋は、ダブルベッド1泊約1200円でした。

宿泊日:2016年11月12日~11月16日(4泊5日)

Thoulasith Guesthouseの詳細情報(トリップアドバイザー)
Thoulasith Guesthouseの詳細情報と予約(Booking.com)
Thoulasith Guesthouseの詳細情報と予約(Agoda)
トリバゴで検索

良い点

・水が無料
→部屋掃除のときに毎回ペットボトルの水をくれるので助かりました。
小さいペットボトルをくれるときもあれば、普通サイズのときもあれば、3本くれるときもありました。笑

・清潔
→部屋が清潔で、水回りも特に汚くはありません。

悪い点

・Wi-Fiが繋がりにくい
→ルアンナムター自体、ネット環境が整っていないところだとは思いますが、宿では調子の良いときしかWi-Fiが使えないので、カフェなどに移動する必要があります。

私たちもよく利用していたWi-Fiが繋がりやすいカフェは、宿近くの「Manychan Restaurant」です。
ゲストハウスもやっているみたいです。
Manychan Guest House

・ホットシャワーが出ない
→ホットシャワーが出たり出なかったり。
これはけっこう困りました。。。

総評

安くて、評価がそこそこ良かったのでこの宿にしましたが、その通り無難な宿だったと思います。

強くおすすめもしないし、泊まろうとする人がいても否定はしません。笑
逆に、ルアンナムターの他の宿がどんな感じなのか気になります。

写真

▼メイン通りにあるこの看板を見逃さずに!

▼看板の矢印の方向に曲がり、建物の間を通る。

▼そこを抜けると、トーラシットゲストハウス。

▼建物が2棟あるが、右側の棟に受付がある。

ラオス ルアンパバーン で私たちが泊まった安宿、「Culture Guest House(カルチャーゲストハウス)」を紹介します。※名前が「ソークミーサイ ゲストハウス」に名前が変わりました!
ラオス サワンナケートで私たちが泊まった安宿、「Savan Phatthana Guesthouse(サワンパッターナーゲストハウス)」を紹介します。