【コソボ】首都プリシュティナへ。周辺国からバスで行く方法

スポンサーリンク

コソボの首都プリシュティナはバルカン半島の中心に位置しています。

そのため、プリシュティナへは周辺の3か国(セルビア、マケドニア、アルバニア)から簡単に移動することができます。

それぞれの首都(セルビアのベオグラード、マケドニアのスコピエ、アルバニアのティラーナ)からバスで国境を越えて、プリシュティナへ行く方法を説明します。

モンテネグロの首都ポドゴリツァなど別の都市からプリシュティナへのバスもありますが、正確な情報を持っていないので省略します。

2017 世界一周 バルカン半島
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
    スポンサーリンク

    プリシュティナヘバスで行く方法

    ベオグラード~プリシュティナ(セルビア/コソボ国境)

    ベオグラードからプリシュティナへのバスはバスターミナルから1日に3本出ています。
    バスターミナルのチケットオフィスで確認したときは5:45、16:00、21:30だったのですが、ネットで確認すると12:00、16:30、21:30となっていました。

    ベオグラードのバスターミナルは鉄道駅の隣にあります。
    チケットはバス会社のオフィスではなく一括した窓口で買います。

    • 料金:2020セルビア・ディナール(約2280円)
    • 所要時間:約6時間

    ▼ベオグラードのバスターミナルの場所

    東欧旅行記①:セルビアの概要と歴史
    ヨーロッパと言えばイギリス、ドイツなど、世界の国々をリードする先進諸国。でもそうした国々とは少し違う、ほんの数年前まで紛争が絶えず、現在でもその火種が消えない地域もあるのです。

    スコピエ~プリシュティナ(マケドニア/コソボ国境)

    スコピエからプリシュティナへのバスは朝から夜まで1時間に1本程度の間隔でたくさん出ています。
    所要時間も2時間程度で、私が泊まっていた宿のオーナーはスコピエから日帰り観光も可能だと言っていました。

    バスはバスターミナルから出ています。
    ここもバス会社のオフィスではなく一括したチケット売り場があります。

    スコピエのバスターミナル内はカフェ、ファーストフード店、売店など色々揃っていて便利です。

    • 料金:たしか300~400マケドニア・ディナール(約670円~860円)
    • 所要時間:約2時間

    ▼スコピエのバスターミナルの場所

    ティラーナ~プリシュティナ(アルバニア/コソボ国境)

    ティラーナにはバスターミナルのような場所がいくつかありますが、プリシュティナ行きのバスは中央バスターミナル(国際バスターミナル?)から出発します。

    バスターミナルの敷地内にはバス会社のオフィスがずらっと並んでいますが、近くにいる人にプリシュティナと言えば扱っているところに案内してもらえます。

    時間はネットで確認すると4:00、5:00の2本しかなかったのですが、現地で確認したところ6:00、6:30、12:00、14:00、16:00、17:00の6本ありました。

    また、同じバスでプリズレンに行くこともできます。
    料金はプリシュティナ行きと同じです。
    プリズレンへ行く人は、アルバニア/コソボの国境を越えたところで別の車に乗り換えていました。

    ティラーナのバスターミナルにはカフェと売店がありますが、品揃えはあまり良くないので何か買いたい場合は街なかのスーパーのほうが良いです。

    • 料金:10ユーロまたは1400アルバニア・レク(約1330円または約1390円。レートによってどちらが得かは変わる)
    • 所要時間:約4時間

    ▼ティラーナのバスターミナルの場所

    プリシュティナのバスターミナルから中心地への行き方

    プリシュティナのバスターミナルは中心地から40分ほど離れています。
    市バスもあるようですが使っていないので分かりません。

    バスターミナルの建物内にはカフェが一軒あります。

    ベオグラードから21:30の夜行バスで来ると、朝の3:00頃に到着するのですが、バスターミナルの建物は開いていて、ベンチに座って明るくなるまで待つこともできます。
    Wifiも使えました。

    さいごに

    プリシュティナはプリズレンと比べて観光資源がないと言われていますが、バルカン半島を周遊する場合は意外とどこからでも行きやすいので、寄ってみても良いと思います。

    またバルカン半島のバスはbalkanviatorというサイトで検索するのが便利です。
    バス料金が出てこない場合がありますが、時間は分かります。

    東欧旅行記③:わかりやすいコソボ紛争の原因
    激しい紛争を経てセルビアから独立したコソボ。コソボ紛争についてわかりやすく説明します。
    旧ユーゴスラビア・バルカン半島旅行。ルートと移動情報まとめ
    2017年11月~12月の約3週間でバルカン半島(主に旧ユーゴスラビア諸国)を旅したときの、私たちのルートや移動情報をまとめます。
    2017 世界一周 バルカン半島
    旅行記旅のコラム宿情報旅の情報

      Comments

      タイトルとURLをコピーしました