ミャンマー ヤンゴンのホテル並のサービスの安宿

メイです。

ミャンマー ヤンゴンで私たちが泊まった安宿をご紹介します。
ヤンゴンで泊まった安宿は、Backpacker Bed&Breakfast(バックパッカーベッドアンドブレックファースト)です。

2017 世界一周 ミャンマー
スポンサーリンク

ミャンマー ヤンゴン〈Backpacker Bed&Breakfast〉

ミャンマーは、他の東南アジア諸国に比べて、宿代が高いです。
ここの宿も高かったのですが、当日予約できた評価の良い宿がここしかなかったので、ここに決めました。

私たちが泊まった部屋は、ツインルームで1泊26000チャット(約2252円)です。
ちょっと高かったので、次の日シングルルームに2人で寝かせてもらえないかと聞いたところ、OKをもらえたので移動しました。

シングルは1泊21000チャット(約1785円)でした。
う~ん、それでも高い。

宿泊日:2017年1月24日~2017年1月26日(2泊3日)

Backpacker Bed&Breakfastの詳細情報(トリップアドバイザー)
Backpacker Bed&Breakfastの詳細情報と予約(Booking.com)
Backpacker Bed&Breakfastの詳細情報と予約(Agoda)
Backpacker Bed&Breakfastの詳細情報と予約(Expedia)
Backpacker Bed&Breakfastの詳細情報と予約(Hotels.com)
トリバゴで検索

良い点

・きれいで清潔
→よく掃除されていて、とても清潔できれいです。

・対応がとても良い
→レセプションには常に人が2、3人いて、まるでホテルかと思うくらい丁寧に対応してくれました。(チェックインの際にはウェルカムドリンクをくれます。)

インレー湖行きバスの予約について聞いたとき、バス各社の予約サイトを開いて決済を代行してくれたのに、手数料はかかりませんでした。

・朝食が豪華
→宿代に含まれている朝食が豪華です。
メニューも何種類かあるので、連泊しても飽きずに済みます。味は少し濃いけど!

▼朝食は8階で、上からの景色が気持ちがいい。

悪い点

・風呂の流れが悪い
→私たちの部屋だけかもしれませんが、お風呂に入っていると、排水口から水と黒い何かが溢れかえってしまいました。
その後、水道業者を呼んで大規模な掃除?工事?をしていたので、今は大丈夫かもしれません。

・値段が高い
→この宿はほとんど中級ホテルのようでした。
サービスは値段に見合い、とても気持ちよく滞在できたのですが、節約パッカーにとっては、こんな良いサービスはいらないからもっと値段を安くしてくれ!というのが本音です。
でもヤンゴンにはそのような宿はまだほとんどなくて、客はほぼバックパッカーです。

総評

ミャンマー人の細やかなサービスのおかげで、とても快適に泊まることができました。
「ちょっと高いけど」という前置きをすれば、自信を持って人におすすめできる素敵な宿です。

写真

▼このシングルベッドに2人で寝たのはもはや良い思い出。もうしません。

▼靴は脱ぎます。階によっては天井が低いので注意

▼入口のようす。ここから階段をあがります。

周辺情報

ラペイエ屋台

Backpacker Bed&Breakfastの周辺は、ラペイエ(ミャンマー紅茶)屋台が立ち並び、地元の主に男性たちで賑わっています。

私たちも毎日何軒かはしごしていました。
ぜひこの輪に混じってみてください。

スイーツ屋さん

偶然通りかかった、お店で出来たてのプリンを食べることができました。
「New Life」というお店です。
出来たてに出会えるかどうかは運ですが、ぜひ行ってみてください。

朝ごはんは宿の8階で、眺めのいい食堂。ホテルの朝食みたいだ。さぁ今日は何を食べよう

おまけ情報:オキナワゲストハウス(Okinawa Guest House)

今回は泊まっていないのですが、3年前にシュンが泊まった宿で、ここよりもう少し安いおすすめの宿があります。

スーレーパゴダの近くにある、オキナワゲストハウス(Okinawa Guest House)というところです。

3年前に来たけど覚えてるー?と顔を出しに行きました。
優しいスタッフで、次来るときはここに泊まってみてもいいかなと思いました。

オキナワゲストハウスの詳細情報と予約(Booking.com)
オキナワゲストハウスの詳細情報と予約(Agoda)