10ドルでトリプル!ミャンマー・マンダレーでのインドビザ取得。(2017/2)

シュンです。

2017年2月にミャンマーのマンダレーでインドビザを取得しました。
そのときの情報です。

マンダレーでは、インドビザを10ドルで取得することができます。

2017 世界一周 ミャンマー
スポンサーリンク

マンダレーでのインドビザ取得(2017/2)

マンダレーでのインドビザ取得の流れ

おおまかには以下のような流れです。

必要書類の準備(or代理店に頼む)

インド総領事館にて申請(面接)

3営業日後に受け取り

必要書類

  1. 申請書
  2. 航空券のコピー
  3. パスポート
  4. パスポートのコピー(顔写真のページ、ミャンマービザのページ各1部)
  5. 証明写真(5cm×5cm、1枚)

1.申請書と2.航空券のコピーについてすこし説明します。

1.申請書

インドビザ申請には、所定の申請書が必要です。
申請書は、インドビザのホームページ上のオンラインフォームで必要情報を入力して作成します。

完了するとpdf形式でダウンロードできます。
このpdfを印刷して、他の書類と合わせて提出します。

マンダレーでは代理店に頼むこともできます(3000チャット)。
代理店は69st沿い、Bawdi Yeik Thar Ka-ma-hlan Taikの前にあります。
他にもいくつかあると思っていたんですが、見つかりませんでした。
インド総領事館でも教えてくれます。

インド総領事館からチャリで15分くらいなので、時間に余裕を持ったほうが良いです。

▼代理店の外観

▼隣の店の看板

僕たちは最初、申請書は自分で作成して、宿で印刷してもらって持っていこうと思っていました。
何も考えずにラクをするのが嫌いだし、日本でもインドビザを取得したことがあるので。

でもやめました。
ミャンマーの通信環境では、不安定すぎて全然進まないからです。。

ということで代理店のおばちゃんに頼みました。

結果、自分でやるのとあまり変わらなかったです。
たしかに、過去に色んな人の申請書を作成しているおばちゃんなので、要領はいいし、うまい記入の仕方も心得ていて安心感はあります。

でも結局、通信環境は悪いし、住所とか親の名前とか、質問ひとつずつにアルファベットで答えて入力してもらうよりは、自分で打ち込んだほうが早いです。
一人分作るのに30分かかりました。

ひとつ気になるのは、証明写真をアップロードして申請書に埋め込むんですが、これが必要なのかどうか。
今回は代理店に頼んだので、おばちゃんがスキャナーで写真を取り込んでやってくれましたが、自分でやるとなると難しいですね。

申請書の印刷は白黒だったので、スキャンの代わりにスマホで撮ってPCに送って使う、でもなんとかなるとは思いますが。

日本で申請したときは、たしか不要でした。

それ以外は自分で作っても問題ないかなと。
まあおばちゃんは感じのいい人なので、頼んでもいいかも。
結局は好みかな。

2.航空券

マンダレーでの申請では不要だと思っていましたが、必要でした。
一度航空券無しで申請に行ったら、必要だと言われ、代理店に戻ってスマホで予約して印刷しました。

インド総領事館の受付の人は「インドの後ミャンマーに来るのでなければ、航空券は片道(往路のみ)でOK」と言っていましたが、一応、往復で取りました。

航空券はfly dubaiという航空会社でドバイ-デリー(3/5~4/6)の往復を買いました。
fly dubaiでは、支払い時に「pay now」または「pay later」を選択します。
「pay later」を選択した場合、24時間以内に支払いを完了させないと自動でキャンセルになります。

ちなみに、申請書の「arrival port」をコルカタにしたんですが、ドバイ-コルカタの便がなかったので、デリー行きの航空券にしました。

最短5分で予約!会員登録不要!海外航空券予約はエアータウン

マンダレーのインド総領事館の場所

マンダレーの総領事館は、中心部から少し離れた場所にあります。
MAPS.MEには載っています。

住所:Ta-1/25, 65th street, Corner of Ngu War Street, Chan Mya Thazi Township, Myothit, Mandalay, Myanmar

僕たちはガーデンホテルというところに滞在していましたが、近くでレンタサイクルを借りて行きました。

レンタサイクルは1000チャット~2000チャット程度です。
昼過ぎに返すと言えばちょっと値下げできると思います。

ビザの申請時間は9:00~12:00です。
11:40くらいに航空券無しで申請しようとしたところ、「12:30まで待つから印刷して持ってきて!」と言ってくれました。

スマホで取った航空券の予約画面を印刷するのに手間取って、戻ってきたのが12:33でしたが、門も開けてくれて、受付もしてくれました。

航空券がドバイからだったので、「ミャンマーからドバイの航空券も必要だよ・・・」と言われましたが、「ミャンマーのあとはバンコクに行って、ドバイに飛ぶんです。航空券は今はありません。なのでおねがい・・・」と言ったら、領事に相談して、OKしてくれました。

ビザ申請(面接)

受付後は、領事のいる部屋に通され、面接をします。
今回2人で申請したんですが、面接は2人一緒でした。

フライトの日付やインドへの渡航期間などを確認されました。
最初、inとoutの間が約1か月なので、3か月シングルにするよと言われました。
(ビザの有効期間は取得日から)

なので、ネパールとスリランカにも行きたいと言って10分くらい粘り(とりあえずドバイ→インド→ネパール→インド→ドバイ→スリランカ→インドということにしておいた)、最終的には3か月トリプルを出してもらいました。

あとは申請書の記入事項を確認して、終了。
職業も聞かれました。

面接が終わったら、受付で10ドル払ってレシートを貰います。
念入りに確認していましたが、新札じゃなくても大丈夫です。
(ヤンゴンでは新札じゃないとダメらしい)

受け取り

受け取りは、3営業日後の15:00~17:00です。
受け取りまでの間、パスポートを持っていたければその旨伝えると持ち帰ることができます。

今回は2/7申請、2/10受け取りでした。
受け取り時に、写真と指紋の登録があります。

さいごに

ミャンマー・マンダレーでのインドビザ取得はあまり知られていないのか、申請者はすごく少なかったです。
今は閉じていますが、そのうちマンダレーから北西に進んだところにある国境(タムー/モレー)を越えて、インドに入れるようになると思います。

そうしたら、マンダレーからインパールへの国際バスが出るとか出ないとか噂もあるので今後も注目です。

申請内容や面接の詳細については、ここには書けないこともあるので察して、参考にしてください。

2017 世界一周 ミャンマー