【2017 ドイツ④ケルン】リューデスハイムとサッカーの試合

スポンサーリンク

シュンです。

世界旅行記、2017年9月のドイツ編です。
各国の旅行記、コラム、情報のもくじはこちら(世界一周)から。

[+旅のルート]↓をクリックすると、各国の旅行記ページに飛ぶことができます。

旅のルート
東京→香港中国ベトナム中国②ラオスタイラオス②タイ②ミャンマータイ③インドバングラデシュインド②ネパールインド③パキスタン中国③→東京→タイ④マレーシアイランアルメニアジョージアトルコチェコドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル→モロッコ→ドイツ③→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ②→コスタリカ→パナマ→コロンビア→エクアドル→ペルー→ボリビア→パラグアイ→ブラジル→ドイツ④→フランス→日本
2017-2018 世界一周 西ヨーロッパ
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
スポンサーリンク

リューデスハイムでアイスワイン

2017/9/30 ドイツ ケルン、リューデスハイム

昨日は疲れたので、朝は遅めに起きた。今日は雨が降っている。
今日はライン川を船でくだってワイナリーに行こうかと話していたけれど、始動が遅いし雨だし、やめた。

まあとりあえず昼食を食べようということで、「地球の歩き方」に1mのソーセージを出すと書いてあった、ブラウハウス・ジオンという店へ。

▼ソーセージは1mではなく50cmのものが2本来た

▼ビールはジオン・ケルシュ

ソーセージもビールも良かったけれど、テーブル担当のおっさんの態度が悪くてイマイチだった。

結局、午後は電車でリューデスハイムに行くことにした。
リューデスハイムはドイツワインの産地として有名な街だ。

ケルン中央駅から電車に乗り、コブレンツで乗り換え。のはずが、電車が遅延していて次は50分後。
駅前をぶらついたけれどまあ雨だし、駅前のアイス屋で時間をつぶした。

コーンにアイスクリームひとつで1ユーロ(約130円)、紅茶も1.1ユーロ(約133円)。
ドイツは外食が高いけど、こんな店もあるんだな~。

次の電車に乗って、やっとリューデスハイムに到着。

有名なつむぎ横丁という通りに行くと、観光客がたくさんいる。
色々なレストランやワインショップがあり、雨でも賑わっていた。

良さそうな店に入り、名物?のコロネとアイスワイン、リューデスハイマーコーヒーを注文した。

▼アイスワイン

▼白ワイン

▼コロネ

▼リューデスハイマーコーヒー

リューデスハイマーコーヒーには、アスバッハというブランデーが使われているらしい。
砂糖を入れたコップにブランデーを注いで火をつけ、コップから炎があがったところでコーヒーを流し込んで鎮火。そこに生クリームを乗せて、チョコチップをかける。

けっこうアルコールが強いんだけど、うまかった。
バッカスのアルコールを強くして、コーヒー風味にしたような感じ。それはもう別物か。

その後はいくつかショップに入ったりぶらぶらしたりして、ママが土産用にアイスワインとクリスマスグッズを購入。

また電車でケルンに帰る。

今日の夕飯はブラウハウス・フリューという、1番有名(?)なケルシュビールを出す店。
ケルンで飲んだビールはフリューがなんだかんだ一番好きだったし、料理もうまかったし、テーブル担当の人の愛想も良かった。

▼フリュー

▼つまみにもらったチーズがデカくてうまい

▼ステーキ、マッシュルームソース

▼シュニッツェル

▼じゃがいもと玉ねぎの炒めもの

▼フライドポテト(ポメスフリット)はドイツ流にマヨネーズで。このマヨがクリームチーズスプレッドみたいにふわふわでうまかった。ケチャップより好き

サッカー観戦

2017/10/1 ドイツ ケルン

昼からケントの試合を見に行く。

▼途中で買った、タルタル?叩いた生ハムみたいなのがのったバゲット。ドイツでよく見る

▼焼きソーセージ

今日はアウェイの試合で、ケルンから電車で1時間弱の田舎町にやってきた。

すごい立派なグラウンドだな。
本当は試合を観るのにチケット代がかかるらしいが、選手と一緒に先に入ったので?そのままで良いらしい。

ケントのチームメイトが続々集合してくる。休日の草サッカーって雰囲気で、ソサイチと変わらない。
だけどクラブハウスのような小屋でビールやソーセージが売っている。

▼生ビールと茹でソーセージ。うまいんだこれが。

▼ソーセージを掴むためのパン

試合が始まったので生ビールとソーセージを追加してグラウンドへ。

下部なのにすごいちゃんとしてるな。
ベンチもちゃんとしてるし、審判もちゃんとしている。
なにより観客が多い。たぶん100人位はいるんじゃないかな。

ただびっくりしたのが、内容の酷さ。
あまりにも酷くて、晴天にビールとソーセージで良い気分になっていた僕たち3人はスーッと興ざめした。

それでいてこんなに観客がいることがすごい。
チケットは3,4ユーロくらいらしいけれど、払う人がいるのがびっくり。
みんな休日にわざわざお金払ってこれを見に来ているのか??よく怒らないな。
おっさん集団とか老夫婦とか家族連れとかみんなファンなのかな?

しかもシュートを外したり点が入ったりすると、かなりリアクションが良い。
ケントが外したときに、隣りにいたおっさんが「ケントォ~。。」と言っていて本当に面白かった。

今日は特に悪い日だったらしく、試合後ケントは落ち込んでいた。
(現在は移籍してひとつ上のリーグに所属!)

電車でケルンに戻り、ケルン大聖堂に入った。
ちょうどミサが始まり、いくつか賛美歌を聞くことができた。

今日の夕飯はペータース・ブラウハウスというレストラン。
この店のテーブル担当のおっさんも、呼んでもなかなか来ないしけっこう態度が悪くて残念だった。

▼ライニッシャーザウアーブラーテン。多分、この地域の名物料理のはず。赤ワインと酢に漬け込んだ牛肉を焼いて煮込んだ料理

▼ブラックプディング(血のソーセージ)。りんごのソースがかかっていてけっこううまい

▼サーモンのグリル、クリームチーズソースと野菜添え。味は見た目と想像通り

▼ムール貝はピリ辛の味付け。塩味が濃すぎた

ドイツではあまり食事をシェアする文化がないので、取り皿がほしいと言うと有料だと言われた。
隣の席のおっさんを見ると、5人くらいで来ているのにひたすら1人でムール貝(のみ)を食べていた。きつくないのかな。

夜のケルン大聖堂を見ながら、歩いてメッセに帰る。

寝る前にメイが11月の一時帰国のチケットを探し、ワルシャワ-羽田往復(パリ経由のANA)で51000円という奇跡のチケットをゲットした。

Comments

タイトルとURLをコピーしました