ヴェネチア旅行を安くする方法と、メストレのおすすめ宿情報【イタリア】

スポンサーリンク

2017年12月にヴェネチアに行きました。

私たちは長期旅行(世界一周)中のバックパッカーなので、物価が高いヴェネチアでの滞在を構えていましたが、思っていたより安く滞在することができました

おすすめのホテルやヴェネチアの物価などについての情報を、私たちと同じようなバックパッカーや、ちょっと安く旅行をしたい個人旅行者に方に、シェアしたいと思います。

2017-2018 世界一周 西ヨーロッパ
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
スポンサーリンク

メストレに泊まるべし

ヴェネチア本島の宿は高い

ヴェネチア本島のホテルを探してみると、高くてびっくりすると思います。

ちなみに5年前にヴェネツィア本島に泊まったときは、男女ミックス6人ドミトリーで、1ベッド25ユーロでした。
他の西ヨーロッパの街で同じ条件なら、10ユーロ前後で泊まれると思います。

ヴェツィアの宿を調べているときに「あれ?このホテル、比較的安くていいな」と思って場所を確認してみると、だいたいヴェネチア本島ではなく、イタリア本土側の「メストレ」という場所にあったりします。

メストレ駅周辺に泊まるべし

ヴェネチア旅行を安くしたいなら、ヴェネチア・メストレ駅周辺に宿をとるのがおすすめです。
メストレ駅は、ヴェネチアのイタリア本土側にあります。

▼ヴェネチア本島側(地図右)にある駅がVenezia Santa Lucia(ヴェネチア・サンタ・ルチーア駅)、イタリア本土側にある駅(地図左)がVenezia Mestre(ヴェネチア・メストレ駅)。

メストレ駅(Venezia Mestre)から、ヴェネチア本島側のサンタ・ルチア駅(Venezia Santa Lucia)までは、電車かバスで1本で乗り換えもなく、ただ10数分乗っていれば着きます。

行き方はとても簡単です。
メストレから本島への行き方については、下の記事を参考にしてください。

ヴェネチア メストレ駅からサンタルチア駅への電車での行き方と料金【イタリア旅行】
この記事では、メストレ駅(Mestre)からサンタルチア駅(Santa Lucia)の電車での行き方やチケットの買い方をご説明します。

メストレのおすすめホテル情報

私たちが泊まったメストレのホテルは、AO ホテル ヴェネツィア メストレ(AO Hotel Venezia Mestre)です。
バックパッカーにも、そうでない人にもおすすめできる宿でした。

▼外観

フロントは24時間対応で、ロビーはとても広いです。

▼入り口

駅からもバス停からも近く、とても便利なところにあります。

私たちはファミリールーム(2人だけど安かったので)に泊まり、1泊30ユーロでした。
予約サイト(Agoda。スマホアプリはこちら)の直前値下げを利用してのこの値段ですし、時期にもよりますが、ヴェネチア本島だと値下げしてもこの値段のホテルはまずないと思います。

また、私たちのときは空いていなかったのですが、ドミトリールームもあります。
予約サイトで直近の日付で調べてみると、通常価格は1ベッド25ユーロのところ、直前値下げで15ユーロになっていました。

とにかく清潔感があります。
必要なのものは全て揃っているので、本当に快適でした。

徒歩3分くらいのところに超大型スーパーもあります。
ここで食料を買って、ホテルの広いロビーで食べることができます。

チェックアウト後の荷物の保管(ロッカー)は有料なので注意が必要です。
ロッカーに入らないような大きいものだと、受付の奥の部屋に保管してくれるのですが、それはなぜか無料でした。

私たちはagodaで予約しましたが、他のサイトでもよく直前値下げなどをしていますので、とにかくそれを狙うことをおすすめします。

AOホテル(agoda)
AOホテル(Booking.com)
AOホテル(エクスペディア)
AOホテル(Hotels.com)

▼窓からの景色は、ヴェネチアっぽさゼロ。

スーパーを利用すべし

ヴェネチアの物価について

ヴェネチア本島は何でもかんでも高いと思われがちですが、意外とそんなことはありません。
高いのは主に、宿泊費とヴァポレット(水上バス)代です。

宿泊費については上述の通りなのでヴァポレットについてですが、こちらもべらぼうに高いです。

確かに、ヴァポレットに乗らなければ行けない観光地があったり、乗った方が効率的に観光できるかもしれませんが、ヴェネチア本島は小さい島なので、乗らなくても徒歩で十分観光できます。

▼徒歩でしか見つけられない素敵な小道がたくさん。

ヴァポレットに乗るとしても、しっかりと予定を立てれば、チケット代は最小限に抑えられると思います。

食費を節約したいならスーパーへ

外食も高いは高いですが、驚くほど高いというわけではありません。
探せば、他の都市と数ユーロくらいしか変わらない値段で食べられると思います。

わたしがおすすめする節約方法は、スーパーマーケットを利用すること。
ヴェネチア島内にはいくつもスーパーがあり、値段は島外のスーパーと変わりません。

ランチかディナーのどちらかをスーパーで買ったものにするだけで、かなり節約できると思います。

さいごに

ヴェネチアは、美しいと知って行っても、期待を裏切らないほどの美しい観光地だと思います。
物価が少し高いのですが、工夫をすればそこまで気にならない値段で観光することができます。
できるだけ多くの人に行って欲しい場所なので、この記事が参考になれば嬉しいです。

Comments