ポルトからリスボンへのバスでの行き方と、ネット予約方法(ポルトガル旅行)

スポンサーリンク

2018年1月末に、ポルトガルのポルトから首都リスボンまでバスで行ったときの移動情報と、ネットでのバスチケット予約方法です。

2017-2018 世界一周 西ヨーロッパ
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
スポンサーリンク

ポルトからリスボンへバスで行く方法

ポルトのバスターミナルの場所

Google mapには「RENEX」と表示されているところで、実際に行ってみると下の写真のような「Terminai rodoviario」と書かれた目印がありました。

「Campo 24 de Agosto」という名前のバスターミナルです。

赤い看板の向かいにある黄緑色の看板の下の階段を下っていくと、地下駐車場のようなところに着きます。

ここがバス乗り場です。
待合室などはありませんが、ベンチがいくつかありました。

チケット売り場があったので、ネットで予約しなくても直接買うことができると思います。

ATM・カフェ・有料トイレなどがありました。

▼ATM

バスはほぼ時間通りに出発しました。
5分ほど遅れて来て、必死にバスを追いかけてきた女の子がいましたが、運転手はそれに気づいたのか気づいてないのか、無視してそのまま出発してしまいました。

時間厳守です。

 

バスの予約方法、料金、所要時間

Rude Expressosというバス会社のバスに乗りました。

所要時間は約3時間半で、料金はYouth(若者)料金で1人15ユーロでした。

Rude Expressosのサイトで予約をしましたが、バスターミナル内でも購入できます。

このサイトは「Rude Expressos」と「RENEX」というバス会社の共同サイトのようで、バスターミナルではこの2社が運行しています。

料金は、Normal(30~64歳)、Youth(13~29歳)で違います。
他にもSenior料金、Child料金、Bike料金などがあります。

私たちが乗った日にちと時間ではNormal料金が19ユーロ、Youth料金が15ユーロでしたが、日によってはそれぞれ20ユーロ、16ユーロの日もありました。

予約が確定すると、メールにチケットのPDFが添付されて送られてきます。
このPDFを、乗車前に運転手に見せます。

「Viature」が車体番号、「Lugar」が座席番号です。
車体番号をターミナル内の電光掲示板で確認してください。
バスの運転席の窓に、「Lisbon」と表示があります。

 

乗るときにチェックされたのはコード番号だけで、バーコードや年齢確認などはありませんでした。

リスボンのバスターミナル

私たちは「Sate Rios」バスターミナルで降りました。
チケットを買うときに降りる場所が選択できるので、リスボンの主要駅である「Oriente」でも降りることができます。

繁華街であるバイシャ地区(Baixa-Chiado駅周辺)までは4.6kmほどの距離です。
私たちは市内の宿まで歩いて向かいました。

Jardim Zoologino駅がすぐ隣り(ほぼ直結)にあるので、メトロを利用する場合は便利です。

 

さいごに

3時間半という短い移動の割には、値段が少し高いように感じました。
ポルトガルは他の西ヨーロッパの国々より物価が安いにも関わらず、移動費は少し高いな、という印象です。

Comments

タイトルとURLをコピーしました