【2017 新疆ウイグル自治区⑧ カシュガル~東京】一時帰国②

これまでの旅のルート
東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②→ミャンマー→タイ③→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京→タイ④→マレーシア→イラン→アルメニア→ジョージア→トルコ→チェコ→ドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル→モロッコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ②→コスタリカ→パナマ→コロンビア(現在地)

メイです。

現在地は、コロンビアのメデジンです。

私たちがこの旅を始めてすぐのとき、メデジンで日本人男性が殺されてしまった事件が起きました。
メデジンに行ったことのある旅人の、まさかあのメデジンで?という投稿も多かったです。

そのとき私たちは南米まで行けると思っていなかったから、メデジンに行くことは現実的ではなかったけれど、同じ世界をまわる旅人としてとても身近でショックな事件でした。

そして今、”あのメデジン”に来ました。
思うことは「このメデジンで?」

それだけに、無念です。

2016/17 世界一周 中国&ウイグル自治区
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報

成都から関空まで

2017/6/8 中国 重慶~成都~関西国際空港

7時に起きたら、部屋に電話がかかってきた。
出ると「Ready to go」と言われる。

はいはい朝食の準備ができたのね、今行きますよーとルンルンで下に行ったら、『バスが来てます。今行きます。』とスタッフが翻訳アプリで教えてくれた。

え!聞いてた話と違うんですけど!今起きたんですけど!朝ごはんと思って来たんですけど!
大急ぎで荷物をまとめてバスへ。

重慶から成都

空港に着いたら、ここからはご自由に~と、放流された稚魚のように送り出され、みんなどうすればいいのかウロウロ。
テキトーだな。笑

チェックインは、昨日もらった振替便チケットを提出してスムーズに通れた。

パスポートチェックのところで、私たちの順番が来たら係員数名がざわざわしだした。
なんだなんだ、なんか悪いことしたか。

シュンが連れていかれる。
続いてわたしも連れていかれる。

なにかと思ったら、さっき預け荷物にした荷物の中に入っている、リチウムイオン電池を出せとのこと。
係員がざわざわしていたのは、全く英語がしゃべれないのでモジモジしていたからっぽい。

なんだそういうことか。
ええっとー、バッテリーバッテリー、たしか一眼の予備のバッテリーがどこかに2つあるはず、どこだっけ~~どこだっけ~~~

30分、いやそれ以上?
シュンもわたしも荷物をごぞごそごそごそ。

やっとバッテリーを見つけてOKが出たけれど、もうあまり時間がない。
優先してもらえるステッカーみたいなのをもらって、ディズニーランドのファストパスのようにスイスイと周りを抜かし、無事搭乗。

成都までは、一瞬で到着。

成都から関空

荷物を受け取り、国際線の方へ行き、チェックイン、荷物検査……
あぁ、飛行機って面倒くさい。
長距離バスの方が楽だね。

次の飛行機は難なく乗れた。
あーついに次は大阪かー

機内食は、魚パスタと麻婆豆腐と豚肉炒め。おいしい。

CAさんが、瓶詰めの辛いソースをスプーンですくって欲しい人に配っていたのがおもしろかった。

食べ終わったけれど物足りないなと思って、シュンがダメ元でCAさんに聞いたらおかわりできた。やったー笑

関空から難波

関空に到着!
あ~帰ってきちゃった~。

アメックスのクレジットカードの特典で無料で荷物を郵送できるので、バックパックを送っちゃう。
これで楽ちん。

さて、次は国内初ヒッチハイク。
日本でのヒッチハイクは難しいだろうな~何時間待つだろう。

駐車場の出口で待ち伏せし、緊張しながらも1台目の車が来たので、モジモジしながらええい!と気合を入れてとりあえず手を挙げる。

おっ?
停まってくれた?

なんか高そうな車。
ちょっと怖い人が乗っている。
日本でのヒッチハイクについて調べたときに、ちょっとヤンキーぽい人が停まってくれることが多いと書いてあったのを思い出した。

「どこまですかっ?」
「難波までです!」
「いいっすよっ!」

おお?
まじで?

開始30秒。
すごい強運だわ。

車内にはカラオケのタッチパネルみたいなものが2つも付いている。
それと乗り心地がとても良く、滑るように走る。

こりゃあいい車だ、車を知らないわたしでもわかる。
車好きな人なら大喜びする車だぞ、これは。

乗せてくれた人は正木さん。
肌は黒く、歯は真っ白、まさに大阪人!という感じ。

正木さんは私たちの1歳上にもかかわらず、すでに不動産など5社を経営していて、今日は社員旅行でグアムに行った帰りだったらしい。

実は停まってくれたのは、さっき別れた従業員が忘れ物をしたのかと思ったかららしい。笑

頭が切れるというか、地頭がいいって、こういう人のことを言うんだろうなと話していてすぐにわかった。
わたしはこういう人に会うと、馬鹿がバレる……と思って話すのに緊張してしまう。

ちなみにすでにバツ2らしい。子供もいて、なにもかもが早い!笑
正木さん、あのときはどうもありがとうございました!

難波で降ろしてもらい、正木さんにおすすめしてもらった「だん」というお好み焼き屋へ。

豚玉と海老玉。
ああもうビールも飲んじゃうか~

2400円。
予定を大きく上回ったけど、これはこれでOKでしょう。
さすが、大阪人がうまいと言うお好み焼きだった!

歩いて、予約していた「さくらバス」の待合室へ。
待ってる間Wi-Fiは使えるし、なによりトイレが最高だった。

男女分かれていて、設備がなにもかも揃っている。
むだに何度も利用してしまった。

名前を呼ばれ、時間どおりに出発。

びっくりなのがバス車内にWi-Fiがあったことと、コンセントが1人1つずつあったこと。
すごいわーほんとすごいわー安いバスなのにしっかりしてるわー。

途中で何度もパーキングに停まったけれど、やっぱり日本のトイレって最強。
レベルが違いすぎる、というか他国とトイレの概念が違う。

「海外のトイレはできれば行きたくないけど、日本のトイレはできれば行っときたい」はわたしの数少ない名言。

とにかく、日本の夜行バスは訪日外国人みんな使うべき。

あれ、なんかお好み焼き食べてからお腹が痛い。
急に日本食を食べるとお腹壊すって聞いたことがあって、そんなことある~?と思っていたけれど、やっぱり本当?

後ろの方でイヤホンが外れているのに気づいていない人がいて、オタクみたいな曲が1曲永遠リピート。うるさい。

隣の人、注意してあげればいいのに。
日本人ってこうだよなぁ、って悲しくなった。

家まで徒歩チャレンジ

2017/6/9 難波~池袋~高円寺

池袋に朝8時半到着。
トイレでコンタクトをつけて、ウォーキング開始。

バックパックもないし、リュックサックの6キロくらい余裕~と思っていたけれど、空腹と移動疲れ、それと歩きすぎてかかとが痛くてキツイ。

お腹が空きすぎて、お腹が空かなくなってきた10時半頃、高円寺に到着!

シュンママが作っておいてくれた昼食をいただく。
おにぎり、ピーマン肉詰め、ラタトゥイユ、パンなど。

あ~おにぎりはなんでこんなおいしいのか。
ママありがとう。

2時間くらい仮眠しようと思って寝て起きたら、17時くらいになってた。
疲れてたんだな~

夜ごはんは、おばあちゃんが予約しておいてくれた行きつけの寿司屋へ。
ありがたや……ありがや……
帰ってきた初日にお寿司って、最っ高。

▼じゅるり

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ