世界一周旅の情報around_the_world

中国、イランのインターネット規制にはVPN接続【世界一周】

スポンサーリンク

中国やイランにいたときに、インターネット規制によりGoogle系サービスやFacebookが使えなくてすこし困っていました。

ですが「VPN接続」というものを利用すると、規制のかかっているアプリ・サービスを使うことができます。

そしてインターネット規制以外でも、旅中にVPN接続が必要かも?と思うときがあったので、今回は旅中でVPN接続が必要になる場面と、使い方について紹介します。

2016/17 世界一周 中国&ウイグル自治区
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
2017 世界一周 イラン
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
    スポンサーリンク

    VPN接続とは

    VPNとは、Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)の略ですが、難しいことはここでは説明しません(詳しくないのでできません)。
    気になる人はWikipediaを見てください。

    旅中など、海外からの利用に限って簡単に言うと、「海外に居ながらにして、日本など他国のIPアドレスを割り当てられる」ということです。

    具体的には、「中国からインターネットに接続しているんだけれど、日本から接続しているように見せかける」ということが可能です。

    ではなぜそんなことをする必要があるのか(どういうときに必要なのか)、ということを説明します。

    旅中にVPN接続が必要な場面

    1.中国、イランなどネット規制のある国に滞在しているとき

    中国などを旅するときに困ることの一つが、「インターネット規制」です。

    このインターネット規制があると、SNS(Facebook、Instagram、Twitter)、Googleサービス(Google検索、Googleアプリストア、Gmail、Youtube、Google map)、LINEなどが使えなくなってしまいます。

    Yahooでの検索はできますが、普段使っているこれだけのアプリ・サービスが使えなくなるとかなり不便です。
    中国人はFacebookに登録していない人もたくさんいます。

    そういうときには、VPN接続をして日本など他国のIPアドレスを割り当てることにより、それらのサービスを使うことができるようになります。

    【インターネット規制を行っているらしい国】
    中国(訪問時確認済み)、イラン(訪問時確認済み)、ベトナム(訪問時未確認)、ミャンマー(訪問時未確認)、ロシアなど

    2.カフェなどの無料Wifiアクセスポイントを利用するとき

    旅中にカフェなどで、無料のWifi(フリーWifi)を使う場面は多いと思います。

    中には、パスワードのいらないWifiスポットもあります。
    すごくありがたいんですが、セキュリティ面は少し不安です。

    こんなところで個人情報が漏洩するのは困ります。
    こういう場合に、VPN接続を利用することで、セキュリティ対策になります。

    僕はタイにいたときに、LINEの乗っ取り詐欺に遭いました。
    どこで流出したのか分かりませんが…

    3.Amazonプライムビデオなど、日本からのアクセスが必要なとき

    個人的にはこれが一番使う場面です。

    Amazonプライムの特典の一つであるプライムビデオで映画をよく見るのですが、この特典は海外では利用することができません。(正確に言うと、海外で見れるコンテンツは少ない)

    なので、VPN接続で日本のIPを割り当ててから利用しています。

    Netflixも、日本からアクセスしないと日本語字幕を表示できないことが多いです。

    関連 Amazonプライムは旅におすすめ

    4.地理的制限がかかっているコンテンツを利用するとき

    これは3と同じですが、プライムビデオ以外にも、アメリカでしか視聴できない動画や、ある国ではダウンロードすることができないアプリなど色々あります。

    外国人の旅人から、便利なサイトやアプリを教えてもらって使おうとしたら、地理的制限によって使えなかった、ということもあるし、日本のサービスにも、日本でしか利用できないものもいくつかあります。

    そのような地理的制限がかかっているコンテンツを利用するときに、VPN接続を使います。

    世界一周中によく使っているアプリ5選
    今回は世界一周中によく使っているアプリを5つ紹介します。世界一周だけでなく普通の海外旅行にも便利なアプリだと思います。

    おすすめのVPN接続サービス

    探せばたくさんありますが、おすすめのVPNサービスを2つ紹介します。
    僕は普段はOpenVPNというソフトを使ってVPN接続をしています。

    セカイVPN

    セカイVPNは有料サービス(月額1080円)ですが、設定も簡単でかなり安定していたのでおすすめです。
    日本以外にもアメリカや台湾のサーバにも接続することができます。

    3台まで同時利用が可能で、PC、スマートフォン両方で使えます。
    もちろん2人、3人で同時利用も可能です。

    セカイVPNをおすすめする一番の理由は、「2か月無料体験」をやっているからです。
    他の有料VPNサービスは無料期間が1日~1週間なのに対して、2か月はかなり長いです。

    しかも、無料期間中の退会も可能で、その場合は一切費用はかかりません。
    本当にVPNを頻繁に利用するか分からないけれどとりあえず試したいという場合や、旅行で1週間だけ使いたいという場合にちょうど良いと思います。

    いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス【セカイVPN】

    無料ならVPN Gate

    VPN Gate

    VPN Gateは、筑波大学の学術研究プロジェクトが運営している無料のVPNサービスです。
    不安定なこともありますが、無料で使えるのはありがたいです。

    日本も含めた様々な国のサーバが用意されています。

    設定は難しくはないのですが、自分でする必要があります。
    使い方はVPN Gateのサイトで説明されています。

    VPNを使わないとGoogleは使えない

    中国では、VPN接続をしなければGoogle(Google検索、Gmail、GoogleMap、Youtubeなど)のサービスを使うことはできません。

    Google検索も使えないので、VPNを利用しない場合は、代わりにYahoo検索を使うと楽です。

    普段、スマホでGoogleChromeを使っている人は、あらかじめYahooブラウザなどをインストールしておくことをおすすめします。

    さいごに

    4つの場面を挙げましたが、それらを全く気にしない人にとってはVPNは不要かもしれません。
    それでも、無料wifiを使うときのセキュリティはどの国にいても気をつけるべきことです。

    最近は海外旅行にパソコンを持っていく人が多いし、大切なデータや個人情報の流出、SNSアカウントの乗っ取りなどのリスクもあります。

    ITっぽい話は苦手な人も多いと思いますが、スマホ、タブレット、PCなどを持ち歩いて旅をする人が多いので、こういう情報も必要なのかな、と思っています。

    Comments

    タイトルとURLをコピーしました